2015年05月28日

★川崎市藤子・F・不二雄ミュージアム 後編★

川崎 藤子・F・不二雄ミュージアム 後編
カフェピクトグラムのお話です。        前編はコチラ

入場したのは休日の12時でしたが
その時すでに ミュージアムカフェ は90分待ちでした、
午後3時頃には整理券配布終了してしまうこともあるそうなので
入場したらおはなしデンワを借りずに、すぐ3階に上がって
カフェで入場整理券を取得しておくことをお勧めします。

キャラではなく、食べたいモノで選んでしまいました、
コロ助カルボナーラ
コロ助カルボナーラコロッケ付 藤子・F・不二雄ミュージアムカフェ.jpg
クリームたっぷりでソースにコクのあるカルボナーラ、
ちょんまげはパンで 目はチーズ、鼻がミニトマト
コロ助プリントのコロッケ付き

ドラミちゃんのポケットケーキセット
ドラミちゃんのポケットケーキセット 藤子・F・不二雄ミュージアム.jpg
ホワイトチョコ・マンゴームース・カシスムース・チョコスポンジが層になったケーキ、
ドラミちゃんのリボンやポケットと同じ柄です。
単品でカフェラテを注文するとラテアートの絵柄(キャラ)は選べませんが
このケーキセットは必ずドラミちゃんラテですよ。
失礼ながら、こういうのって見た目勝負だから、味は二の次、三の次なんでしょ・・
と思っていたんですが、意外にも美味しいので驚きながら食べ進んでしまいました。

ミュージアムでは 是非ピクトグラムにも注目して下さい。
ピクトグラムとは簡略化された絵で
誰でも理解できるようにつくられた注意・案内のコト、
藤子・F・不二雄キャラFキャラ)によるオリジナルのピクトグラムが展開されています。
Fキャラピクトグラム トイレ案内 藤子・F・不二雄ミュージアム.jpg
トイレのマークはのび太君しずかちゃん
方向矢印を持つドラえもんの手、ドラちゃんが道案内してくれるみたい

スベったり転んじゃうドジキャラといえば・・のび太君
コケたのび太君 川崎藤子・F・不二雄ミュージアム.jpg
空を見上げよう 川も見ようよ って教えてくれるピクトまでも
空と川の方向指示 ピクトグラム 藤子F不二雄美術館.jpgミュージアムカフェ方向指示 藤子・F・不二雄ミュージアム.jpgピクト 藤子・F・不二雄ミュージアム.jpgトイレ内の飾り絵おばあちゃん 藤子・F・不二雄ミュージアム.jpg

藤子・F・不二雄ミュージアム 十の掟 には
”其の六、すみずみまで鑑賞を忘れずに。
 それが、たとえトイレでも ”
 と書いてありましたが
トイレの壁にも トイレや鏡にまつわる漫画が飾ってあります。
トイレ鏡前に飾られた絵藤子・F・不二雄ミュージアム.jpg

ミュージアムの周辺にもFキャラ達がいるので散策もしちゃいましょう、
最寄り駅のひとつJR南武線 宿河原駅前には
ドラえもんの小さな銅像や
Fキャラだらけで 美術館とコラボしたローソンがありますし、
駅からの道のりもFキャラピクトが案内してくれて
さらに、Fキャラミュージアム直行バスが幾種類も通るので
距離のワリに歩くのは苦にならないかと思います。
そう、Fキャラバスのナンバーはすべて
ドラえもんの誕生日「2112年9月3日」にちなみ
「2112」になっているのだとか。
宿河原駅前ドラえもん銅像 JR南武線宿河原駅前 .jpg3号車キテレツ大百科 F美直行バス.jpg長尾橋欄干 ドラえもん 藤子・F・不二雄ミュージアム付近.jpg1号車ドラえもんナンバー2112 ミュージアム直行バス.jpg
話は反れますが、ドラえもんの高欄(橋の欄干)の後ろにある
水門のカッコ良さも私の中では収穫。

まんがコーナー 藤子・F・不二雄ミュージアム2F.jpgキッズスペース 藤子・F・不二雄ミュージアム.jpgドラえもん風三角コーン 藤子・F・不二雄ミュージアム.jpgきこりの泉 きれいなジャイアン 藤子・F・不二雄ミュージアム.jpgノビジュースコースター 藤子・F・不二雄ミュージアムカフェ.jpg水のみ場 まんがひろば 藤子・F・不二雄ミュージアム.jpgまたきてねドラえもん出口 藤子F不二雄ミュージアム.jpgムード盛り上げ楽団木琴キッズスペース2階藤子F不二雄ミュージアム.jpgコエカタマリン 2階みんなのひろば 藤子F不二雄美術館.jpgドラえもんレンガ 外壁 藤子・F・不二雄ミュージアム.jpgエントランスディスプレイ春 桜 川崎藤子・F・不二雄ミュージアム.jpgペンダントと貝エントランスディスプレイ 川崎藤子F不二雄美術館.jpg

ニッッと笑ったり ドカン!と怒ったり
わーんと泣いたり 喜怒哀楽を出してくるキャラ達、
でも 怒っても 泣いてても
どこかあったかい表情。

ドラえもん達が 出迎えて 案内して
一緒に遊んでくれる ミュージアムでした。

順番にお並びください きこりの泉 川崎藤子・F・不二雄美.jpgピー助とのび太君ドラえもん はらっぱ ドラえもんミュージアム.jpgミュージアム十の掟2階みんなのひろば川崎F美術館.jpgきれいなジャイアンみんなの広場 きこりの泉 ドラえもん美.jpgメニュー 川崎藤子・F・不二雄ミュージアムカフェ ノビジュース.jpgキッズスペース ジャイアン 川崎藤子F不二雄ミュージアム.jpg

川崎市藤子・F・不二雄ミュージアム
住所:〒214-0023 神奈川県川崎市多摩区長尾2丁目8番1号
電話:0570-055-245(お問い合わせダイヤル)
営業:10:00〜18:00
休館:毎週火曜日・年末年始(12月30日〜1月3日)
   ※ゴールデンウィーク(4月29日〜5月5日)及び夏休み期間(7月20日〜8月31日)は開館
   日時指定による予約制 1日4回入館(入れ替え制ではない)

チケット販売:http://l-tike.com/fujiko-m/(ローソンチケット)
駐車場:無し
HP:http://fujiko-museum.com/
posted by さくらん at 17:14| Comment(4) | TrackBack(0) | おでかけ記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月12日

★川崎市藤子・F・不二雄ミュージアム 前編★

川崎にある 藤子・F・不二雄ミュージアム に行って来ました。
ドラえもん エントランスディスプレイ 川崎F美.jpg
ドラえもんパーマンオバケのQ太郎キテレツ大百科などを描かれた
藤子・F・不二雄(藤本弘)先生のミュージアム、
漫画作品の紹介から漫画を読んだり キャラと遊べるスペースまであって
マンガの世界を楽しめる ”すこし不思議なミュージアム” なのです。
ここは完全日時指定の予約入館なので
前売り入場券を買っておかねばなりません。

まずは原画や藤本先生の私物を展示する資料エリア、
ここでは おはなしデンワ という
音声ガイドを貸してもらえるので聞きながら進みます
大人用と子ども用の2種あり、
子供用はクイズなんかも出してくれるので楽しめるようでした。
おはなしデンワ 藤子・F・不二雄ミュージアム.jpg
残念ながらここのエリアは撮影禁止。
原画は長期間続けて展示すると色あせてしまうので
展示室の照明を落としたり 複製原画と交互に展示していて
複製画の額縁にはコピーロボットのシールを貼ってあるそうです。
さらに、原画などはドラえもんの身長129.3センチに合わせて
低い位置に展示してあるので 子供達にとっては見やすい高さ。

「まんがコーナー」ドラえもん、 何読んでるの?
2Fまんがコーナー 藤子・F・不二雄ミュージアム.jpg
「ドラえもん」の5巻を読んでたのね
まんがコーナー ドラえもん 藤子・F・不二雄ミュージアム.jpg
ドラ焼き食べながらマンガ読むなんて
お行儀わるいんじゃない?
でも ドラえもんと一緒にマンガ読めるなんて嬉しいね。

木のぬくもりいっぱいの「キッズスペース」
キッズスペース 2F藤子F不二雄ミュージアム.jpg
以前は青空色のお部屋だったのを2013年にリニューアルしたとのコト。
ここの入室は未就学児とその保護者だけなので
ジャイアンが残念そう・・
キッズスペース入口立札 ジャイアン藤子F不二雄ミュージアム.jpg

みんなの広場ではミュージアム限定ガチャにチャレンジ、
出て来たのはチンプイのマスコット
ミニチュアカフェラテ付きで なかなかの可愛さ。
ミュージアム限定マスコット チンプイ 藤子・F・不二雄ミュージアム.jpgドラミちゃん限定ガチャ みんなのひろば F美.jpg
ミュージアム限定ガチャ カフェラテミニチュア付 藤子・F・不二雄.jpgミュージアム限定ガチャガチャ マスコットコレクション コロ助 ワニ 21エモン.jpg限定ガチャ ドラえもん 藤子F不二雄ミュージアム.jpgミュージアム限定ガチャ カフェラテミニチュア付 Fミュージアム.jpg

「Fシアター」では200インチスクリーンで
15分程度のオリジナル作品を鑑賞出来ます。
この時はチンプイドラえもんのコラボストーリーだったので
さっきガチャで当たったチンプイがさらに愛おしいモノに。
シアター入場券の絵柄は豊富で
入場前にF型のハサミを入れてくれます。
ハサミをパチンと入れるのも子供達には新鮮だったみたい。
もしもボックス みんなのひろば 藤子F不二雄ミュージアム.jpgみんなのひろば 藤子F不二雄ミュージアム.jpgFシアタードア みんなのひろば 藤子F不二雄ミュージアム.jpgFシアター入場券とパーマン原画展チラシ.jpg絵合わせコロ助 藤子F不二雄ミュージアム みんなのひろば.jpgミュージアム建設に使用したヘルメット みんなのひろば.jpgみんなのひろば のび太の家.jpg絵合わせ みんなのひろば 藤子F不二雄ミュージアム.jpg


屋上の「はらっぱ」にはドラえもん達の遊ぶ姿。
あの土管の中には落書き
はらっぱの土管 川崎藤子・F・不二雄ミュージアム.jpg
のび太くんが描いたのかな?
自分が子供の頃には土管なんかの建築資材が置かれた空き地で遊んでいたものです、
今の子は土管に入って遊ぶなんて知らないんだろうなぁ。

ピー助と遊ぶ のび太ドラえもん
ピー助とドラえもんのび太.jpg
どこでもドアも通りぬけ出来ちゃう。
ドラミちゃん はらっぱ 藤子F不二雄ミュージアム.jpgパーマン ブービー はらっぱ 藤子F不二雄ミュージアム.jpg石像ドラえもん 中庭 藤子F不二雄ミュージアム.jpgどこでもドア はらっぱ 藤子・F・不二雄ミュージアム.jpgオバケのQ太郎O次郎 藤子F不二雄ミュージアム.jpg
今でもドラえもんの顔を見ると
頭の中を大山のぶ代さんの声が流れます。
のび太君の声も昔の方がしっくりきますね
子供の頃に刷り込まれてしまったものは
なかなか抜けません。

笑ったのは「きこりの泉」
きれいなジャイアンが泉の中から出て来てくれる・・・
きこりの泉 きれいなジャイアン 藤子・F・不二雄ミュージアム .jpg
あのジャイアンが、あのジャイアンが、
水も滴るイイ男になってるし
きれいなジャイアン きこりの泉 藤子・F・不二雄ミュージアム.jpg
さらに水に戻って行くときに頭頂部から空気が抜けて
ぶしゅしゅしゅしゅーーと鳴るのがツボだったらしく
ウチの子は何度も笑い転げていました。

長くなってしまったので
ミュージアムカフェや面白かったピクトグラム
ミュージアム周辺の話は後編にて・・・

川崎市藤子・F・不二雄ミュージアム
住所:〒214-0023 神奈川県川崎市多摩区長尾2丁目8番1号
電話:0570-055-245(お問い合わせダイヤル)
営業:10:00〜18:00
休館:毎週火曜日・年末年始(12月30日〜1月3日)
   ※ゴールデンウィーク(4月29日〜5月5日)及び夏休み期間(7月20日〜8月31日)は開館
   日時指定による予約制 1日4回入館(入れ替え制ではない)

チケット販売:http://l-tike.com/fujiko-m/(ローソンチケット)
駐車場:無し
HP:http://fujiko-museum.com/
posted by さくらん at 16:52| Comment(5) | TrackBack(0) | おでかけ記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月03日

★神奈川県立生命の星 地球博物館★

今回は2013年撮影の画像放出です、
昆虫標本の写真もあるのでちょっと昆虫閲覧注意かな。


小田原 神奈川県立生命の星 地球博物館 の話です。
壮大な名前ですが
地球の歴史と生命の多様性を展示するという自然史博物館
チンタオサウルス エントランスホール 生命の星地球博物館.jpg

昆虫は苦手なのですが
中には思わず撮ってしまったほど 興味をそそられる虫もいました
なんでこんな姿形に? こんなにも多種多様の命があるのか
センストビナナフシ 生命の星地球博物館.jpgジンメンカメムシ 生命の星地球博物館 .jpgシタムラサキオオバッタ 生命の星地球博物館.jpg
モルフォ蝶の羽の輝き 
キプリスモルフォ蝶 生命の星地球博物館.jpg 

ここで圧巻なのはなんといっても
今にも動き出しそうな剥製達。
ライオンのはく製 生命を考える 生命の星地球博物館.jpg
表情があり 息遣いが聞こえてきそう。

動物達がずらり並ぶ、その対面には
恐竜の骨格標本が並びます、
(多くはレプリカカ)
恐竜の時代 生命を考える 生命の星地球博物館.jpg
向かい合って その大きさを比較

サイ剥製 生命の星地球博物館.jpg黒ヒョウとウサギ 生命の星地球博物館.jpg生命を考える 生命の星地球博物館.jpg恐竜の時代 生命を考える 生命の星地球博物館.jpg

そういえば、以前国立科学博物館で開催された大哺乳類展
ここの剥製・標本が多数展示されていたのを思い出しました、
科博に貸出す程に 質が高く数が多いということでしょうか?

ジャンボブック 生命の星地球博物館.jpg哺乳類頭骨 ジャンボブック 生命の星地球博物館.jpgスペクトロセラス 生命の星地球博物館.jpg

博物館の展示は多岐に渡りますが
なにかヒトツでも心に残れば
また新しい扉が開けるのかもしれません。
地球模型 生命の星地球博物館.jpg神奈川県立生命の星地球博物館.jpgペンギンモドキ 生命の星地球博物館.jpg地球を考える 生命の星地球博物館.jpg

神奈川県立生命の星・地球博物館
住所: 〒250-0031 神奈川県小田原市入生田499
電話: 0465-21-1515 
開館:午前9時〜午後4時30分(入館は午後4時まで)
休館:月曜日(祝日・振替休日にあたる場合は翌平日)
   館内整備日(8月を除く、原則として毎月第2火曜日)
   年末年始(12月29日〜1月3日)
   国民の祝日等の翌日(土曜日、日曜日または国民の祝日等にあたるときを除く)
HP:http://nh.kanagawa-museum.jp/
posted by さくらん at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | おでかけ記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月26日

★相模原麻溝公園★

今回は 相模原麻溝公園 の話です。
無料の市立公園なのに 広い芝生の広場やアスレチック、
展望塔にふれあい動物広場まであり、
さらに隣接する県立相模原公園
まで足を伸ばすと温室植物園等があるので
一日たっぷり遊べてしまいます。

得にお勧めなのが
ふれあい動物広場
ウサギやモルモットなどを抱っこさせてもらえたり
モルモット ふれあい動物広場 相模原麻溝公園.jpg
動物達にエサをあげたり
ポニー乗馬も100円でできます。

バードケージでは鳥達が放し飼いになっていて
かなり近くで鳥達を見られるので 体温があがります。
砂あび ふれあい動物広場 相模原麻溝公園.jpgキンカチョウ 相模原麻溝ふれあい動物広場.jpgコジュケイ バードケージ 麻溝公園ふれあい動物広場.jpg
自らレンズを覗き込んでくれたキンケイ(金鶏)
キンケイ ふれあい動物広場 相模原麻溝公園.jpg
鮮やかな羽色を見せびらかしに来たの?

翼に白い斑点があるのは薄雪鳩
薄雪鳩 ふれあい動物広場 相模原麻溝公園.jpg
尾の先まで20センチ程度の可愛らしい小鳥なんだけど
デーデー、ポッポーと鳴く声や
歩く時に首を前後に振る姿は なるほど鳩ですな。

孔雀 相模原麻溝公園ふれあい動物広場.jpg金鶏 ふれあい動物広場 相模原麻溝公園.jpgポニー 相模原麻溝公園ふれあい動物広場.jpgミーアキャット 相模原麻溝公園ふれあい動物広場.jpg

思いっきり走ったり 動物に触れてあったかさを感じたり。
帰りたくないよーまだ太陽がいるよ、まだ遊べるよーって言われました、
でも4時半には閉まっちゃうの。また来ようね。
薄雪鳩 バードケージ 麻溝公園ふれあい動物広場.jpgオシドリ バードケージ 麻溝公園ふれあい動物広場.jpgグリーンタワー相模原からでいだらぼっちの足跡子どもの広場 魚つり.jpg

相模原麻溝公園
住所:〒252-0328 南区麻溝台2317-1
電話:042-777-3451(相模原麻溝公園管理事務所)
   042-778-3900(ふれあい動物広場管理事務所)
営業:グリーンタワー相模原
   4月から9月まで: 午前9時〜午後4時30分
   10月から3月まで: 午前9時〜午後4時
   ふれあい動物広場
   4月から9月まで: 午前9時30分〜午後5時
   10月から3月まで: 午前9時30分〜午後4時
   ふれあい動物広場休園日
   年末年始・月曜日(祝日等の場合は翌火曜日)
駐車場:1,265台
HP:http://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/shisetsu/kouen_kankou/kouen_ryokuchi/005922.html
posted by さくらん at 00:31| Comment(5) | TrackBack(0) | おでかけ記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月15日

★相模川ふれあい科学館★

相模川の自然と魚達を紹介する淡水魚専門の水族館
相模川ふれあい科学館を再訪してきました。
  (過去記事はコチラ)

2012年8月末に閉館、1年半の再整備工事を経てリニューアルしていたそうです、
もうリニューアルから一年にもなるんですね。
長い工事期間でしたし 運営会社も代わったので
大きく変わってしまったかと思っていたのですが
ドーナツ型水槽が新たに登場していたくらい
その他にあまり変化なかったかも。
円形水槽 相模川ふれあい科学館.jpg

お、いました、
「流れのアクアリム」のアルビノニジマス
アルビノニジマス 相模川ふれあい科学館流れのアクアリウム.jpg
ニジマスの群れの中に一匹だけ。

お勧めなのは屋外エリアのタッチング水槽
コイやウグイ、鮎・アブラハヤとニジマスなどの
川魚に餌あげ体験出来るのですが
ここのお魚達はかなり人に慣れているんです。
お魚トレーナーになろう タッチング水槽 アクアリウムさがみはら.jpg

水から飛び上がりそうな勢いでツンツン
ちょっと大きな鯉は吸い込むようにパクパク

ちなみに写真の魚はウグイで
春になると雌雄ともに婚姻色という
3本の朱色の線がお腹に浮かび上がってくるそうです。

タッチング水槽 ウグイ 湧水と小川のアクアリウム 人ゾーン .jpg
お魚達が手にたっくさんのキスをしてくれたみたい、
コイなどの少し大きな魚のキスはなかなかの迫力。

魚達の動きを手に感じることが出来る
しかも警戒心の強い川魚達とここまで触れ合えるのはかなり珍しく
楽しい事ではないでしょうか。

アクアリウムさがみはら 相模原市中央区水郷田名.jpgゼブラウツボ マンスリー水槽 相模川ふれあい科学館.jpgドーナツ型坂道お魚観察水槽 相模川ふれあい科学館.jpg

相模川ふれあい科学館−アクアリウムさがみはら−
住所:〒252-0246 神奈川県相模原市中央区水郷田名1-5-1
電話:Tel:042-762-2110 
営業:9:30〜16:30 ※イベント等により延長の場合あり
   月曜休館(月曜日が祝祭日の場合は開館し、振替休館無し
   春休み・GW・夏休み・冬休み・年末年始など長期休暇期間は毎日開館)
HP:http://sagamigawa-fureai.com/
posted by さくらん at 23:26| Comment(8) | TrackBack(0) | おでかけ記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月07日

★おもちゃ王国★

プラレールカー新幹線に乗って西へ向かった際に
岡山おもちゃ王国に初めて行って来ました。
観覧車や急流すべりなどがある屋外遊園地と
立ち並ぶおもちゃパビリオンの複合施設、
遊園地には2歳から乗れるジェットコースターがあったりと
ちびっこでもめいっぱい楽しめる”王国”でした。

園内にはダイヤブロックで作ったオブジェがあちこちにあります。
ダイヤブロック トーマス 岡山おもちゃ王国.jpg
機関車トーマスブロックは運転席に座れちゃう。

子供が一番熱中していたのは
トミカ・プラレールランド
トミカプラレールを合わせて作った大きなジオラマに
トミカとプラレールのジオラマ 岡山おもちゃ王国.jpg
好きなパーツを選ぶとその場でオリジナルトミカを組み立ててもらえるトミカ組立工場
あみだくじで当たれば非売品の銀色新幹線プラレール
外れても非売品プラレール車両がもらえるというプラレールくじもありました、
非売品のプラレールなんて珍しいんじゃない?と
子供に話しかけてみるも
「えー?あれ、カッコ悪いよ。」 と一蹴。 
銀ピカ200系東北新幹線 プラレールあみだくじ.jpgトミカプラレールジオラマ 岡山おもちゃ王国.jpgオリジナルトミカ トミカ組み立て工場 おもちゃ王国 .jpgディズニーモータース トイ・ストーリー トミカ・プラレールランド.jpg 
トミカって いろいろあると思っていたけど、
アナと雪の女王のミニカーもあるんですね。
アナと雪の女王トミカ トミカプラレールランドおもちゃ王国.jpg

私が一番興奮してしまったのは シルバニア
シルバニア森のキッチン 岡山おもちゃ王国.jpg
この時はシルバニアファミリー30周年記念イベント中だったので
常設のシルバニア館の他にイベントホールにも
シルバニアの巨大ジオラマやプレイコーナーがありました。
子供の頃・・・欲しかった・・・シルバニア・・・
買って貰えずにショーケースにずっと張り付いていたんだった・・・
大人になって改めて見ても
人形や洋服、小物の可愛らしさに欲しくなってしまう。
1シルバニアファミリー30周年ジオラマ イベントホール  岡山おもちゃ王国.jpg1シルバニアファミリー 30周年わくわくアニバーサリーフェスタ .jpg1シルバニア ようちえん 30周年ジオラマ 岡山おもちゃ王国.jpg

リカちゃんハウスでは
100万円もするというダイヤモンドリカちゃんや
等身大リカちゃん人形にも出会えます。
リカちゃんって意外と背が低いのですね、
身長142センチ、小学五年生なんだって。
等身大リカちゃん リカちゃんハウス 岡山おもちゃ王国.jpgダイヤモンドリカちゃん リカちゃんハウス おもちゃ王国.jpgオリジナルリカちゃん リカちゃんハウス岡山おもちゃ王国.jpg

アクションゲームワールドでは
野球盤や黒ひげ危機一髪といった懐かしい玩具に
大人も意外と熱中。
野球盤 アクションゲームワールド 岡山おもちゃ王国.jpg

一日滞在したにも関わらず
半分ぐらいしか遊べませんでした。
それぐらい子供が遊びこんじゃう場所。
2ブロック北陸新幹線ドクターイエロー ミニチュア鉄道館 おもちゃ王国.jpg3大阪ジオラマ ミニチュア鉄道館 岡山おもちゃ王国.jpg2ドキドキクラッシュ人体模型 アクションワールド岡山おもちゃ王国.jpg3ロードトレイン 岡山おもちゃ王国.jpg
3プレイモービルコレクション 岡山おもちゃ王国.jpg3わくわくアニバーサリーフェスタシルバニアファミリー 岡山おもちゃ王国.jpg2ピノチオ館 王様のお城 シルバニア館 観覧車 岡山おもちゃ王国.jpg2チボリコースターと観覧車 岡山おもちゃ王国.jpg
おもちゃ王国 岡山
住所:〒706-0153 岡山県玉野市滝1640-1
電話:0863-71-4488
HP:http://www.omochaoukoku.co.jp/index.php
posted by さくらん at 15:28| Comment(0) | TrackBack(0) | おでかけ記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月01日

★山陽新幹線500系こだまプラレールカー 2015年春★

2014年7月から運行していた 山陽新幹線のプラレールカー
1車両をまるっとプラレールの遊び場にしちゃった夢の新幹線
今年3月までの期間限定運行の予定でしたが
好評につき今年(2015年)の8月まで期間延長になったそうです。
<< 2014年秋に乗車した記事はコチラ >>
しかも、3月までにプラレールカー車内の一部をリニューアルしたとの事、
3月下旬に新幹線に乗る予定があったので乗車してきました。

時は春休み真っ最中、そりゃ子供も多いですよね。
プラレールカーも激混みで すれ違うのもやっとだし
お子様運転台に座るのも並んでいるようでした。

さて、ほんのちょっと リニューアルしてるんですね、
プラレール大型ジオラマ大阪の街や姫路城など
山陽新幹線の観光名所を展示していましたが
さらに福井恐竜博物館兼六園といった北陸新幹線の名所も追加になってます。
福井恐竜博物館エボルタジオラマ 500系こだまプラレールカー.jpg

ジオラマでは他にも
「山陽新幹線全線開業40周年」のボードがあちこちに飾られ
エボルタ君人形も増えたもよう。 
青色の他にも緑やオレンジのエボルタ君がいるようです。
山陽新幹線40周年 エボルタ プラレールジオラマ 500系こだまプラレールカー.jpg

貸出プラレールにも3月に開業したばかりの
北陸新幹線かがやきの車両がありました、
やっぱり今話題の新幹線なんだなぁ。
北陸新幹線かがやきプラレール 500系こだまプラレールカー.jpg

スタンプ台スタンプも替わりました、
左が2014年、右が2015年です。
カンセンジャーjrも手の形が変化してます。
乗車記念に貰えるキャラクターステッカーのデザインも変更になったとか。
2014年プラレールカースタンプ エボルタカンセンジャーJr こだま.jpg  プラレールカーリニューアル後スタンプ.jpg

ドクターイエローだ!!」
前方から子供の声が聞こえたので
モニターを見るとこちらに向かって来る黄色い新幹線が映っています、
お子様運転台のモニターは実際の運転台からの映像を
リアルタイムに投影しているんです、 ということはイエローがコチラへ来る!
ざわつくプラレールカー車内、私も慌ててカメラを構えましたが
すれ違い走行の新幹線はあっという間、早すぎて撮れませんでした。
撮れなかったのは残念ですが、
見られれば幸せになる?という黄色い新幹線ドクターイエロー
初めて見たので大人の私も興奮しちゃいました。
ドクターイエロー プラレールジオラマ500系こだまプラレールカー .jpg

子供との長距離移動はなかなか難しいものです。
荷物も多いし、車内で騒いでしまわないように気を使いますよね。
このプラレールカーは隣の2号車に大型荷物置き場がありますし
キッズスペースのように子供が遊べる空間なので
時間を楽しみながら乗る事が出来ました。
今回は春休みの混雑でゆっくりは出来なかったのですが
このような子供向けスペースが増えて欲しいと思います。

お子様運転台 貸出子供用制服 2014年秋プラレールカー.jpgプラレールカージオラマ 500系こだまプラレールカー.jpgプラレールカーにのったよ遮光幕 500系こだまプラレールカー.jpg
山陽新幹線全線開業40周年 改札エボルタ プラレールカー2015.jpg記念撮影スポット 500系こだまプラレールカー.jpgドクターイエロー プラレールジオラマ 500系こだまプラレールカー.jpg
タグ:電車
posted by さくらん at 13:28| Comment(5) | TrackBack(0) | おでかけ記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月17日

★魔法の美術館 ひかりのたまてばこ★

川崎市市民ミュージアムにて展示されていた
魔法の美術館 ひかりのたまてばこを観に行ってきました。

光とデジタル技術を駆使したインタラクティブアートの作品展、
”魔法の美術館”という名前で
おととしから全国30ヶ所以上を巡回していたので
観に行ってみたいと憧れていた展示でしたが
今回川崎での展示は作品数を減らしてコンパクトに展開していたようです。

あまり広くない会場でしたが、子供が多く
はしゃぎまわる楽しい声が聞こえる展示でした。

仕掛けに参加して音や光の変化を楽しむ作品達なので
写真に撮っても ほとんど伝えられないのですが
それでも少し紹介させて下さい。

アトリエオモヤ 「光とあそぶ」
光であそぶ アトリエオモヤ 魔法の美術館ひかりのたまてばこ.jpg
上から光にかざしたビー玉を下から覗いて体験する作品。
幼児が届くくらいの高さになっているので
下から布越しにビー玉を触れて
ビー玉を通した光の変化を楽しむ。

森脇裕之 「Lake Awareness」
LakeAwareness 森脇裕之 魔法の美術館 ひかりのたまてばこ.jpg
手をかざすと基板に取り付けられたセンサーが反応してLEDが青く光りだす。
その信号は周囲の基板に連鎖的に伝わり 波紋のように光が広がる。
反応するとまるで葉が揺れるようにサラサラと音が伝わるのも趣深かった。

的場やすし/山野真吾/徳井太郎 「Splash Display」
SplashDisplay 魔法の美術館ひかりのたまてばこ.jpg
細かな発砲ビーズが積もったディスプレイ、
鑑賞者が動き回る「的」に「玉」を投げて的中させると
ディスプレイが爆発したかのように
色を投影された発砲ビーズが空中に舞い上がる。
カラフルなビーズが動き回る幻想的な光景に見とれる。

小松宏誠 「Lifelog_mobile」
lifelog mobile 小松宏誠 魔法の美術館 ひかりのたまてばこ.jpg
ガチョウの羽のモビール、
その場の風にのってゆったりと回転している。
変化し続けるが、どこか花のよう。
同じく羽の輪を重ねたシャンデリアの「Lifelog_シャンデリア」と
組み作品のように展示してあり
それらが壁に投げかける影の動きが美しかった。
真っ白で軽やかな鳥の羽、静かな揺れが不安感を漂わせる。

真鍋大度/比嘉了 「happy halloween!」
happy halloween! 真鍋大度 比嘉了 魔法の美術館ひかりのたまてばこ.jpg
一番笑ってしまったのがこの作品、
カメラの前に座るとスクリーンに映された自分達の顔に
愉快な仮装マスクが被される。
画像は京劇風マスクだけれど、パンダや熊の可愛いのから
ドラキュラや半漁人まで種類も豊富、
目鼻口の動きに連動して柔軟に動いてくれる。
マスクを被っただけで別キャラになった気分を味わえる不思議。

SplashDisplay 川崎市市民ミュージアムひかりのたまてばこ.jpg真鍋大度 比嘉了happy halloween!  魔法の美術館ひかりのたまてばこ.jpg藤本直明 ImmersiveShadow ひかりのたまてばこ川崎市民ミュージアム.jpg小松宏誠Lifelog mobile.jpg

アートでもアート以外でもデジタルな仕掛け物が
珍しくなくなってきた昨今、
よりテーマが重要になっていると個人的に思うのだが
私にはテーマが分かり難い作品もあった。

しかし、単純に楽しめる作品が多い事は良かった。
美術館といいながら、ここまで笑い声が聞こえた空間は初めてだった。

小松宏誠 Lifelog-mobile,シャンデリア ひかりのたまてばこ.jpg緒方壽人 音めがね 魔法の美術館 川崎市市民ミュージアム.jpg小松宏誠 SecretGarden 川崎市市民ミュージアム ひかりのたまてばこ.jpg
森脇裕之レイヨ=グラフィー 魔法の美術館 川崎市市民ミュージアム.jpg坪倉輝明 七色小道 川崎市市民ミュージアム ひかりのたまてばこ.jpg森脇裕之LakeAwareness 魔法の美術館ひかりのたまてばこ.jpg
posted by さくらん at 23:58| Comment(3) | TrackBack(0) | おでかけ記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月09日

★寒川神社 初詣★

あ け ま し て
     お め で と う ご ざ い ま す

 
今年も寒川神社に初詣に行って来ました。
元旦の降雪で初詣を翌日にずらした方が多かったのでしょうか、
年明け2日の初詣は三之鳥居あたりから人の多さを感じましたが
神門から手水舎の先まで行列ができていて
「しばらくお待ち下さい」「入場規制を行っております」の
プラカードが出ていました。
入場規制 寒川神社 初詣.jpg
寒川神社初詣

といえば迎春ねぶたですよね。
今年の干支は
もふもふねぶた飾りが・・・
・・・無いですね、そういえば干支ねぶたの十二支が一巡したので
一昨年から神話ねぶたに代わっていたのでした。

今年のねぶたは八岐大蛇退治
猛々しい素戔嗚尊(すさのおのみこと)
素戔嗚尊 寒川神社迎春ねぶた 八岐大蛇.jpg

福々しい奇稲田姫(くしなだひめ)
クシナダヒメとヤマタオオロチ 寒川神社迎春ねぶた.jpg

ヤマタノオロチは二股の赤い舌が可愛いじゃないですか。
八岐大蛇 寒川神社迎春ねぶた 2015.jpg

勇壮なねぶたの中に 暖かな色の光が灯るのを見上げていると
寒さを忘れそうな気がします。
寒川神社神門迎春ねぶた 2015.jpg

2015寒川神社迎春ねぶた 八岐大蛇 スサノオとクシナダヒメ.jpg2015寒川神社 本殿 初詣.jpg2015年寒川神社 干支絵馬 迎春ねぶた絵馬.jpg

一年の幸せを祈ってひかせてもらった花みくじ
今年は「小吉」でした。
”何事も控えめが無難、焦って事を起こさずに じっと我慢。
 チャンスが来るのを待ちましょう”
との事でしたので、焦らず心穏やかにして好機を待ちたいと思います。

今年もどうぞ宜しくお願い致します。

八岐大蛇 寒川神社 ねぶた神門飾り.jpg人形すくい 寒川神社初詣屋台.jpg寒川神社初詣屋台 おめん屋さん.jpg寒川神社 新春授与品.jpg
posted by さくらん at 10:55| Comment(5) | TrackBack(0) | おでかけ記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月27日

★スマートイルミネーション その2★

うかうかしてると年を越してしまう・・その1はコチラ


東日本大震災のあった2011年に省エネルギー技術の活用と
アーティストの創造性を活かした夜景演出の試みを発展させる目的で始まった
アートとイルミネーションの融合イベント
スマートイルミネーション2014 つづきの話です。

メインの会場であった象の鼻パークで最も目立っていた作品、
このイベントのアイコンのように扱われていた作品が
たてもののおしばい 高橋匡太 柴幸男 開港波止場 スマートイルミネーション2014.jpg
「たてもののおしばい」 高橋匡太+柴幸男
ムービングプロジェクターで5棟のビルにおしゃべりする顔を投影、
顔の輪郭の処理がキレイなので本当にビルの顔が動いているかのよう。
普段は動くことも話すことも出来ないビル達が
個性を与えられて対話を始める
「お金立て替えてくださいよ」
「ビルだけに、立替(建替)ってね」という
”ビルぎゃぐ”も飛び出す・・・

プロムナードの橋下が青く光っていた。
水天一色 呉鴻 開港波止場 スマートイルミネーション2014.jpg
水天一色  呉鴻
近寄ってみると
青い光に照らされた無数の四角い反射材が
海風に揺られてチカチカとまるで光るように見えた。
反射光によって可視化されるのは風、
一番長く見入ってしまいました。

光のらくがき たてもののおしばい スマートイルミネーション2014.jpgRoundabout ZyMy ザイマイ スマートイルミネーション2014.jpgスマートイルミネーション2014 たてもののおしばい 高橋匡太+柴幸男.jpg

イベント期間中だけ
光の装飾を施したイルミネーションシップが運行していました。
イルミネーヨンシップFLOW ジン・ジヨン ぷかり桟橋 .jpg
「FLOW」 ジン・シヨン
同作家の同名作品は象の鼻テラスの壁面にも展示してありました。
象の鼻パークとパシフィコ横浜のぷかり桟橋を往復するイルミネーション船、
片道500円で作品を鑑賞しつつ、みなとみらいの夜景を海から鑑賞出来てしまう。
1階船室内側の窓に色とりどりのLEDチューブを這わせ、
複雑に交差しながら流れる光は
人々のコミュニケーションや思考を共有する様を表現しているのだとか。
シャトルシップFLOW ジン・シヨン 1階船室 スマートイルミネーション2014.jpg
乗客は多いのに、皆さん2階デッキ部に上がって夜景を見ているので
作品がある1階船室は空いていました、 ま、夜景も作品の一部でしょうか。
少し冷たくなった海風を感じながら10分程度の船旅、
着いた先のぷかり桟橋ではWINTER ILLUMINATIONしてました。
ぷかり桟橋winter-illumination スマートイルミネーション2014.jpg
ターミナルのアウトラインがシャンパンゴールドの光で飾られ、
ウッドデッキはじわじわと色を変える七色の光に彩色されています。
こちらはイベント期間後も継続するイルミのようですが
光が強いので単純に見応えを感じてしまいます。。

2012年のスマートイルミネーションと比べると
アートやエネルギー技術の活用といったコンセプトが
ぼやけてきたようにも思いますが
ワークショップや参加型の作品が増えて
さらに子供が参加出来る作品が幾つもあったので
私的には大変に有難く楽しめるイベントでした。

スマートイルミネーション2014 ぷかりさん橋.jpgBetween a human and the machine 奇異基地.jpg象の鼻パーク方向 スマートイルミネーション2014.jpgたてもののおしばい 高橋匡太+柴幸男.jpg
posted by さくらん at 00:14| Comment(2) | TrackBack(0) | おでかけ記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。