2015年10月20日

★小田急ファミリー鉄道展2015★

予報では午後も雨だったけれど 雨があがったので
小田急ファミリー鉄道展 に行って来ました。

さっきまで雨だったから
人も少なめ・・・かと思いきや、やっぱり混んでいますね、
「なりきり乗務員体験コーナー」等は整理券終了で断念。

今年の展示車両は3種類、
ロマンスカー通勤車両が2種類
通勤車両1000形 8000形 小田急ファミリー鉄道展2015.jpg
左がリニューアルしたという通勤車両1000形 右が8000形

リニューアルした1000形だけは車内見学可能
通勤車両1000形リニューアル車両 車内 車両展示小田急鉄.jpg
低消費電力、低騒音化したそうですが
外観だと自分にはリニューアルが分かりません。
しかし、内部はライトブルーの吊り輪や床や天井に模様が入って
明るい内装になっているのが新鮮でした。

ロマンスカー・VSE
就役10周年のヘッドマーク付き
ロマンスカーVSE収益10周年ヘッドマーク 小田急ファミリー鉄道展.jpg
普段なかなか目にすることがない
保守作業車などにも近づけます。
延線巻取車 海老名電車基地 小田急ファミリー鉄道展.jpgバラストスイーパー 海老名車両基地 小田急ファミリー鉄道.jpg小田急通勤車両 小田急海老名車両基地 鉄道展2015.jpgロマンスカーVSE50000形 小田急ファミリー鉄道展2015 車両展.jpg海老名車両基地 小田急ファミリー鉄道展2015第一会場.jpg海老名車両基地 第一会場 小田急ファミリー鉄道展2015.jpg物販 駅名表示 第一会場 強羅 小田急ファミリー鉄道展.jpg

第二会場のビナウォークでは
今年もアーケードゲームや鉄道模型展示から
HOゲージ体験走行 ビナプラザ小田急ファミリー鉄道展2015.jpg
奥には
子供向けのふわふわ遊具も来ていました。
HOゲージ体験走行  ビナプラザ小田急ファミリー鉄道展2015.jpgNSE3100形 HOゲージ模型走行会 小田急鉄道展.jpg七重の塔前SL型ふわふわ 小田急ファミリー鉄道展2015.jpg
年々、お子ちゃまの鉄道好きが増えていて
この鉄道展もファミリー向けに
少しずつシフトしている気がするのです。

いつも乗っている電車
普段は入れない車両基地に入れたり
見られない部位も見られる鉄道展
また来年も行こうねと 子供と約束しました。
posted by さくらん at 23:10| Comment(2) | TrackBack(0) | おでかけ記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月25日

★カップヌードルミュージアム★

横浜みなとみらい
カップヌードルミュージアム 再訪。

タテヨコナナメから見るクリエイティブシンキングボックス カップヌードル.jpg

世界初インスタントラーメンを発明した
日清食品創業者安藤百福氏の
「クリエイティブシンキング=創造的思考」を
展示を通じて体験出来る体験型ミュージアム、
というか、子供も楽しめるショールーム的場所。

歴代のインスタントラーメンを展示した
ヒストリーキューブ
ヒストリーキューブ 安藤百福発明記念館横浜カップヌードルミュージ.jpg
これだけ揃うと圧巻
並ぶと見えてくる 特徴や違い。
チキンラーメン 麺達 ヒストリーキューブ横浜カップヌードル博.jpg香鍋 紅焼牛肉面 ヒストリーキューブ 横浜カップヌードルミュージアム.jpgどん兵衛 ヒストリーキューブカップヌードル横浜.jpg
チキンラーメンのヒヨコちゃんは やっぱり可愛いなぁ。
どん兵衛の芋煮うどん味、食べてみたかったねぇ。
アジア向けパッケージはデザインが少し違うんだ。

2階は他に
安藤百福氏とインスタントラーメンの歴史を学べる展示や
カップヌードルをテーマとした作品などが並びます。
安藤百福像 カップヌードルムージアム 安藤百福ヒストリー.jpgなんでもヒントにする クリエイティブシンキングボックス 横浜.jpg百福の研究小屋 チキンラーメン誕生 カップヌードル博物館.jpg

4階の NOODLE BAZAAR−ワールド麺ロード−というフードコートでは
韓国冷麺、マレーシアのラクサ、
カザフスタンのラグマンにパスタ等
世界8カ国8種類の麺料理をハーフサイズの300円で買えます、
ハーフといってもかなり少な目なので
1人で3〜4皿食いけるのでは。
冷麺 韓国 どんぐり粉麺 ワールド麺ロード横浜カップヌードル.jpgフォー ベトナム ワールド麺ロード横浜カップヌードルミュージアム4F.jpgラクサ マレーシア ワールド麺ロード横浜カップヌードルミュージアム 4F.jpgミーゴレン インドネシア ワールド麺ロード横浜カップヌードルミュージ.jpg

他にも、ミニチキンラーメンが食せるようになってました。
ミニチキンラーメン ワールド麺ロードNOODLES BAZAAR.jpg
1杯150円、9種のトッピングから2種選べるので
季節限定オクラとチャーシューをチョイス。
安定のチキンラーメンのお味、なんだけども
他のメニューがエスニックで味濃い麺料理ばかりなので
一緒に食べると少々物足りなく感じちゃう、
箸休めに良いのかも。

さらにアジアンスイーツもありまして、
今回は雪氷にチャレンジ
宇治金時とマンゴーブルーベリー
雪氷 抹茶あずき マンゴーブルーベリー ワールド麺ロード横浜カップ.jpg
味付きの氷をふわふわに削った
新食感の台湾式かき氷、
すっと溶けて甘さとソースの香りを残す
優しい美味しさにスプーンが止まらず、
おかわりを買いに走りました。

今回は4階のカップヌードルパークにも入りました
カップヌードルパーク 横浜安藤百福発明博物館 カップヌードル博.jpg
3歳以上小学生以下が遊べる有料エリア、
工場をイメージしたネットや滑り台等の遊具を
遊びながら通り抜けていると
カップヌードルになった気分を味わえるというアスレチック、
30分交代なので子供には物足りなかった様子。

やっぱり やりますよね
マイカップヌードルファクトリー
4種類のスープと
12種類の具材の中から4種類のトッピングを選ぶと
味の組み合わせは5,460通りにもなるという。
私のはシーフードスープに
ダイスミンチとインゲンとカニカマと
ヒヨコちゃんナルト。
マイカップヌードル 横浜カップヌードルミュージアム  安藤百福発明博.jpg
家族はカレースープに葱、葱、葱、葱という
ネギカレーだったり、
チリトマトスープにキムチとチーズ
なんていう予測不可能な味を作っていました、
こういう奇妙な味を作れるのもマイカップヌードルならでは。
でもね、これらも美味しかったんですよ。

上蓋に書かれた文言もマイカップヌードルのは特別。
なんでだろう、普通のよりも味が濃いのかな?
自分で絵を描いて味を選んで思い出入れたからかな?
いつもよりももっと美味しく感じちゃうのです。

マイカップヌードル 横浜 カップヌードルミュージアム.jpgNEVER GIVE UP 安藤百福発明博物館 横浜 カップ.jpgマイカップヌードルファクトリー 4種類スープと12種類具材選ぶ横浜.jpgトゥクトゥク ワールド麺ロード入口 横浜カップヌードルミュージアム.jpgカップヌードルパーク30分300円 横浜カップヌードル博物館.jpgカップヌードルオブジェ 安藤百福発明博物館入口 横浜新港.jpgインスタントラーメンヒストリーキューブ CHOWMEIN CUPNOODLES.jpgひよこちゃんチキンラーメン カップヌードルミュージアム 横浜.jpgマイカップヌードル エアパック 安藤百福発明記念館 横浜カップ.jpg

前回のカップヌードルミュージアム話はコチラ

<<カップヌードルミュージアム(安藤百福発明記念館)>>
住所:〒231-0001 神奈川県横浜市中区新港2-3-4
TEL:045-345-0918
  チキンラーメンファクトリー予約専用ダイヤル:045-345-0825
時間:10:00〜18:00(入館は17:00まで)
休館:火曜日(祝日の場合は翌日が休館)、年末年始
入館料:大人500円、高校生以下無料 
HP:http://www.cupnoodles-museum.jp/index.html
posted by さくらん at 23:38| Comment(3) | TrackBack(0) | おでかけ記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月01日

★富士サファリパーク★

2014年8月の話を掲載
富士サファリパークに行って来ました。
ミナミシロサイ サファリエリア 富士サファリパーク.jpg
動物放し飼いのエリアに車で乗り込む あの施設です。
ガーム 2歳仔象 アジアゾウ 富士サファリパーク.jpg
動物に近寄りたい、と思うけれど
実際近寄ってくれちゃうと
ちょっとひるみます、
だってやっぱり大きくて迫力あるから。
雌ライオン 樹上 サファリエリア ライオンエリア 富士サファリパーク.jpgアミメキリン サファリエリア一般草食ゾーン 富士サファリパーク.jpgダマジカ 草食ゾーン サファリエリア 富士サファリパーク.jpgエランド サファリエリア 一般草食ゾーン 富士サファリパーク.jpg

サファリエリアを廻るには自家用車だけでなく
ジャングルバス等に乗せてもらう方法もあります。
事前ネット予約だけでなく、
当日予約でも乗車可能と聞いていたのですが
夏休み期間のこの日は 10時半の入場時すでに
ジャングルバスのチケット完売でした。
コレに乗りたかったね・・・と
愉快な動物型バスを眺めていたところ、
次のバスに直前キャンセルが出たので乗りませんか
とスタッフさんに声を掛けられたので
乗ります!! と即答でバスに乗車。
サイバス ジャングルバス サファリバス 富士サファリハパーク.jpg
こんな幸運あるんだなぁ。

網に覆われたバスからエサをあげながら
サファリエリアを走り抜けるバス、
ジャングルバスエサ リンゴ生肉 サファリエリア 富士サファリパーク.jpg
クマにはリンゴと人参
ライオンには生肉
ラクダやラマのエリアには固形飼料
どのエリアでもバスを見るとエサが貰えると分かって
すぐに動物が近寄ってきます。
ジャングルバス ライオンエリア サファリバス 裾野富士サファリパーク.jpg
♪ちかすぎちゃって どうしよう〜♪
あまりに近すぎる距離に興奮してピント合わず。

動物達の臭いが車内にドッと流れ込み
肌に感じる 鼻息や熱。

バス運転手さんの動物知識たっぷりで
軽快なトークも魅力。

歩いてまわる ふれあいエリアでは
今年も赤ちゃんライオン撮影会開催中
赤ちゃんライオン ふれあいエリア 富士サファリパーク.jpg
赤ちゃんライオンを抱っこして写真撮れるらしいのですが
今年も先着順の撮影会チケット取得出来ず。

短く可愛い足なのに、岩場を俊敏に動き回り、
進化の過程的に象に近いという
あのケープハイラックスの飼育数多めです
ケープハイラックス親子 どうぶつ村 富士サファリパーク.jpg
しかも2週間前に生まれたばかりの
赤ちゃんもぴょこぴょこ。

オリや柵の無い開放感。
開放だと思っているのは人間だけかもしれないけれど
富士山を背景にゆっくりと動物たちを見させてもらって
気持ちはのびのびしてきました。

カバ ふれあいエリア 裾野市富士サファリパーク.jpgレッサーパンダ ふれあいゾーン 富士サファリパーク.jpgシロカンガルー ふれあいエリア FUJI SAFARI PARK.jpgトラバス サファリバス ジャングルバス 裾野市 富士サファリパーク.jpg

<<富士サファリパーク>>
住所:〒410-1231 静岡県裾野市須山2255−27
電話:055-998-1311(代)
HP:http://www.fujisafari.co.jp/index.html
posted by さくらん at 23:11| Comment(1) | TrackBack(0) | おでかけ記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月27日

★大山絵とうろうまつり★

伊勢原市大山3夜限定
大山絵とうろうまつり を見てきました。
おおすみ山荘 大山絵とうろうまつり 伊勢原.jpg
江戸時代から大山詣の参拝客を
石灯籠の明かりが出迎えていた事にちなんで
大山参道・街道沿いに絵とうろうを並べたイベントです。

大滝荘たけだ旅館大山絵とうろう 光の競演 伊勢原.jpg
灯篭の絵柄は多種多様、
美人画や浮世絵が多くありましたが
個人作品はかなり自由になってます。
おおすみ山荘絵とうろうトイストーリー3 大山絵とうろう祭.jpg
アニメではディズニー系が豊富、
ポスターをそのまま貼ったのかと思う程に
図柄をしっかりコピーした絵もありました。
名探偵コナンポスター絵とうろう オラフ 伊勢原.jpg清水屋 龍絵とうろう 伊勢原 大山絵ろう祭.jpg大山絵とうろうまつり 2015 伊勢原 夏野菜.jpg

親族の似顔絵なのかしら、 成長記念・祈願なのかしら。
ゑびすや土産店 絵とうろう伊勢原大山絵とうろ祭.jpg

流行りモノ系ですか、日本エレキテル連合ですよね。
とうふ処小川家 日本エレキテル連合大山絵とうろう.jpg

一番数が多いのは
手作り牛乳パックとうろうでしょうか
とうふ坂 大山絵とうろうまつり 伊勢原.jpg
光によって浮かび上がる 繊細な切り絵
ポップな絵柄もあれば
祈りや願い事を書き込んだ牛乳パックとうろうも。
牛乳パック灯ろう  海亀 大山絵とうろうまつり.jpg大山絵とうろうまつりYUTA 大山阿夫利神社社務所.jpg雪の結晶 牛乳パック とうふ坂 伊勢原とうろう祭.jpg大山絵とうろうまつり 大山2015 大山阿夫利神社社務所.jpg

ひこまる絵とうろう館の方が
「2階に80点以上展示してるから、見て行ってー。」と
招きいれて下さいました。
ひこまる絵とうろう館 大山絵とうろうまつり伊勢原.jpg
2階には絵とうろうと その原画等が飾ってありました。
DSC_0600.jpgひこまる絵とうろう館 大山絵とうろう祭 伊勢原.jpgDSC_0614.jpg

大山ケーブル駅前の広場に
ずらり並んだ牛乳パックとうろう
大山ケーブル駅 牛乳パックとうろう 絵とうろう祭.jpg
山の形と「大山 2015」の形に並べられています。
これだけの数が揃うと
これだけ多くの気持ちと努力の結果が集まったかと思うと
心静めて ずっと観ていたい。
大山ケーブル駅 大山2015 牛乳パックとうろう 伊勢原.jpg大山2015 ケーブル駅 牛乳パック絵とうろう 伊勢原.jpg
この時期、大山ケーブルカーは運休中ですが
その代りに新型ケーブルカー組立現場見学会なるものを開催していました。
狭い建設足場の中を通って入ったのは
今年10月から運行するという新型車両内部
大山ケーブル新型車両組立見学会 大山絵とうろう.jpg
ガラスも壁もまだ養生シートに覆われていますが
それでも窓ガラスは大きく眺めが良さそうだし
天井も高く開放感がありそうです。

山の上までこの車両をヘリコプターで運んだ事、
座席は今日組立たばかりで 運転席はまだ入って無い事等
新型車両の中でスタッフさんが解説して下さいました。

行灯による”光の回廊”は約3キロも続きます。
正直、もっと大きなイベントかと想像していましたが
地元の力によるお祭りで
それだけに手作りの暖かさも感じました。

旅館目黒 大山絵とうろうまつり伊勢原 2015.jpg大山絵とうろうまつり 伊勢原 妖精灯ろう とうふ.jpg朝顔牛乳パック灯ろう 大山絵とうろうまつり伊勢原.jpg大山先導師旅館 大山絵とうろうまつり伊勢原.jpg大山阿夫利神社社務所 和婚体験 絵とうろう.jpgとうふ坂 伊勢原 大山絵とうろうまつり.jpgこま参道 大山絵とうろうまつり 光の回廊 伊勢原.jpg小川家 こま参道 大山絵とうろうまつり伊勢原 2015.jpg
posted by さくらん at 13:44| Comment(2) | TrackBack(0) | おでかけ記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月26日

★相鉄厚木線 乗車体験会★

8月23日 日曜日 相鉄厚木線乗車体験会 に参加してきました。
横浜−海老名間を運行する相模鉄道には
貨物専用で乗客を乗せることが出来ない
厚木線という路線が存在しますが、
夏休み特別企画として1日限定の3便だけ
厚木線特別列車が運行したのです。

走行するのは
かしわ台駅から厚木操車場の
折り返し運転で
相鉄鉄道全線1日乗車券 厚木線乗車体験会.jpg
乗り降り自由の1日乗車券を購入すると
1回だけ乗車することが出来ます。
乗車前にそうにゃんスタンプを押してくれました。

特別列車としてホームで待っていたのは
2代目そうにゃんトレイン
2代目そうにゃんトレイン 相模国分信号所付近.jpg
( ※ 別日に撮影 )
相鉄のキャラクター ”そうにゃん”でラッピングされた
可愛らしい電車なので 子供達も大喜び。

ちゃんと撮れず お恥ずかしいのですが
貸切 方向幕 相鉄厚木線乗車体験会 そうにゃんトレイン.jpg
行き先表示の方向幕が
「貸切 CHARTER」
そうにゃんイラストになっているのも
特別感があります。

定刻どおりにかしわ台駅を発車、
厚木線へと分かれる相模国分信号所では
そうにゃんが手を振ってくれました。
そうにゃん 相模国分信号所 県道杉久保線踏切付近.jpg
この信号所とは 1926年に相模国分駅として開設され
戦前の1941年(昭和16年)までは
駅として使用されていたそうです。

厚木線にはJR相模線と並走区間があり、
相模線海老名駅付近ではJRを見下ろしながら走ります。
海老名駅西口駐輪場と建設中扇町 厚木線乗車体験会.jpg
10月末開業予定のららぽーと周辺は予想以上に出来上がっていました。
この反対側には小田急車両基地があります、
車両基地を見下ろすのは初めてだったので
不思議な感覚。

厚木操車場では停車するものの
ドアは開かず降車出来ません。
ここもかつては相鉄厚木駅として使われていたそうですが
今は車両留置施設なので乗客用ホーム等はありません。
厚木操車場 相模鉄道厚木線 相鉄厚木線乗車体験会.jpg
この停車時間にシリアルナンバー入りの
「乗車記念証」を貰えました。
相鉄厚木線乗車体験会 乗車記念証 相模鉄道2015年.jpg
折り返しの発車する時に
「汗だくで駆けつけたそうにゃんをご覧下さい」の
アナウンスで外を見ると
さっき信号所にいたそうにゃん
また手を振ってお見送りしてくれました、
短時間でどうやって移動したのか?が車内で話題に。

往復25分程度の乗車体験会
見知ったはずの場所も
普段とは違う位置から眺めると
新鮮に感じました。
そしてまたこの街が好きになります。
posted by さくらん at 19:47| Comment(0) | TrackBack(0) | おでかけ記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月19日

★伊豆シャボテン公園 植物編★

伊豆シャボテン公園 後編は植物話です。

シャボテン公園、というだけあって
園内には約1,500種類ものサボテン多肉植物を見られます。
月影丸サボテン 大温室 伊豆シャボテン公園.jpg
小さな丸いモノがころころと並ぶのって
それだけで可愛い。 でもトゲが生えてるのよね。

良く家の庭に生えてるウチワサボテン
こんなに妖艶な赤い花が咲くなんて。
仙人ウチワサボテンの花 大温室 伊豆シャボテン公園.jpg

東洋一のサイズを誇るという
金鯱サボテンの大きさはさすがです、
金鯱サボテン 大温室 伊豆シャボテン公園.jpg
推定樹齢160年、重さは250キロにもなるとか。

金晃丸 伊豆シャボテン公園.jpg竜神木サボテンの花 大温室 伊豆シャボテン公園.jpg福娘 大温室 伊豆シャボテン公園.jpg雪晃  大温室サボテン群 伊豆シャボテン公園.jpg

鑑賞だけではありません、なんと
サボテンを食べちゃうことも出来るのです。
サボテングリーンカツカレー レストランギボン亭  伊豆シャボテン公園.jpg
ギボン亭サボテングリーンカツカレー
タイのグリーンカレーのような辛さはなく、
一般的な日本カレーの味、でもちょっとルーが緑色。
カツの上で赤いパプリカの下にあるのがどうやらサボテン
見た目も食感もくったくたに茹でたインゲンみたい。
園内のサボテン料理には瓶詰めの塩漬けサボテンを使用しているそうですが
くったりした食感だけで特別な味は無く
カレーも普通に美味しいモノ。

園入口すぐで入園せずとも入れるベルステーションでは
サボテンのみじん切りをはさんだ
サボテンホットドックやサボテンハンバーガーなるものが食せます。
お子様カピバラカレーセット ギボン亭シャボテン公園.jpgメキシカン・ファイアー ギボン亭 伊豆シャボテン公園.jpgサボテンバーガー ベルステーション シャボテン公園.jpg

デザートだって サボテン
サボテンソフトクリーム 左はサボテン&バニラのミックス味
サボテンソフトクリーム  カフェシェリイ 伊豆シャボテン公園.jpg
あら、ピンク色。  
サボテンだから緑色かと思いきや、
これはサボテンの赤い実を絞ったジュースから作っているのだそう。
苺のようなベリー系の味がするので
知らなければストロベリーソフトだと思うだろう。
ちなみに前述のベルステーションでは緑色のサボテンソフトを販売していて、
これは草っぽい、イグサのような香りがするとの事。

たっくさんのサボテンを見て、食べて、親しんでいると
そりゃ好きになってしまいます、欲しくなりますよね。
温室の一番奥にオリジナル寄せ植えを作る
シャボテンバイキングなるものがあるんです。
シャボテン狩り工房 大温室  伊豆シャボテン公園.jpg
気に入ったサボテンをお箸でつまんで取ります。
って、お箸でつまんじゃうんだ。
シャボテンバイキング 伊豆シャボテン公園 大温室.jpg
小さいサボテンが行儀良く並んでるだけでも可愛いのに、
それをお箸でつまみあげちゃうのって
実際やってみると予想以上に楽しいものなんです。

気になったサボテンと鉢を選ぶと
植え替え作業はスタッフさんがやってくれるのです。
プロが配置すると、やはりそれなりに見えてきますね。
ナナコマル 虹の玉 チョベリバ 大福丸 海王星.jpg
右の羊の鉢に入ったのはナナコマルというサボテン
帰ってから一週間程度で濃いピンクの花が咲きました。
左の多肉達もすんすん伸びています。
少しづつ変化するこの植物達をながめながら
シャボテン公園を懐かしく思ったりします。

コンゴウインコ インコの広場 伊豆シャボテン公園.jpgしゃぼ丸 端午の節句 伊豆シャボテン公園大温室.jpg伊豆シャボテン公園大温室.jpg金鯱サボテンの種.jpg
シャボテン公園 動物編はコチラ

【伊豆シャボテン公園】
住所:〒413-0231 静岡県伊東市富戸1317-13
電話:0557-51-1111(代)
HP:http://izushaboten.com/
タグ:伊豆 植物 静岡
posted by さくらん at 07:36| Comment(2) | TrackBack(0) | おでかけ記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月28日

★伊豆シャボテン公園 動物編★

12年ぶり 4度目の  伊豆シャボテン公園 に行って来ました。

伊豆大室山のふもと
多くの動物達と シャボテン豊富な温室群を見られる施設です。
メキシコ古代遺跡群オルメカ像 伊豆シャボテン公園.jpg

広い園内ではリスザル達が放し飼い
コンゴウインコ インコ広場 シャボテン公園.jpg
色鮮やかなコンゴウインコだって放し飼い。
この日はインコを腕にのせて写真を撮らせてもらいました、
かなり大きいのでずしっときますよ。

ペリカンハゲコウなどは決まった縄張りがあり
警戒心も強いので あまり近くに寄れませんでしたが
クジャクなら園内いたるところですれ違います。
孔雀求愛中 伊豆シャボテン公園 クジャク放し飼い.jpg
最初は接近出来たクジャクに興奮して写真撮ったりしますが
そのうち なーんだ、またクジャクか。
等と言いだしてしまう程
クジャクに遭遇できちゃうのです。

新しく出来ていた カピバラ虹の広場では
カピバラさんも放し飼い、エサをあげることも出来ちゃいます。
ふれあい カピバラ虹の広場 シャボテン公園 .jpg
まったりしたカピバラさんに そっと撫でさせてもらうと・・
カピバラさんの毛って
太くてタワシのように硬いんですね。

こちらは放し飼いではありませんが、
冬には温泉に浸かるカピバラで有名な カピバラ露天風呂
10日程前に生まれたばかりだという
3匹のカピバラの赤ちゃんがいました。
カピバラの赤ちゃんとキントキ  伊豆シャボテン公園.jpg
元気に駆け回り じゃれあっていた3匹の赤ちゃん、
後に名前が「抹茶」「白玉」「あずき」という名前に決まったそうです、
抹茶色でも小豆色でも白くもないけど・・可愛いお名前。

一番楽しみにしていた バードパラダイス に入ります、
鳥達が放し飼いになった大きなバードケージ
人間がお邪魔させてもらえる所。

おや、「ハシビロコウのおうち」という
専用のお部屋が出来たんですね。
ハシビロコウのお部屋 ビル バードパラダイス シャボテン公園.jpg
エサの時間意外は一日中でもほとんどじっとしているので
「動かない鳥」として有名になったハシビロコウ
こちらのビルさんは1981年にシャボテン公園に来てから
おそらく42年以上も生きているらしく、
ハシビロコウとして国内最高齢の
人間なら80から90歳にあたるご長寿鳥さんなんだとか。

前回来た時にはビルさんのすぐ近くまで寄れたので
そっと2ショット写真を撮らせてもらいました。
母から聞いた話で、私が子供の時に
大きな鳥を怖がっていたというのは
もしかしたらこのビルさんだったのかも。
コンゴウインコシャボテン公園インコ広場.jpgベニイロフラミンゴ バードパラダイス 伊豆シャボテン公園.jpgアネハヅル バードパラダイス 伊豆シャボテン公園.jpg放し飼いクジャク  伊豆シャボテン公園.jpg
今度行く時にはビルさんいもっと近づけるといいなぁ。
でも他の動物達と触れ合う事ができ、新しい思い出も沢山出来ました、
ここは また会いに行きたい動物達が居る場所です。

マーラ 伊豆シャボテン公園.jpg伊豆シャボテン公園.jpgカピバラ露天風呂 赤ちゃん 伊豆シャボテン公園.jpgごとうけい紙工作展ペーパークラフト.jpgコンゴウインコ インコ広場 シャボテン公園.jpgオオハシ 伊豆シャボテン公園.jpg羽を広げたクジャク 伊豆シャボテン公園.jpg

後編ではシャボテン等の植物話です。

【伊豆シャボテン公園】
住所:〒413-0231 静岡県伊東市富戸1317-13
電話:0557-51-1111(代)
HP:http://izushaboten.com/
タグ:静岡 伊豆 動物
posted by さくらん at 13:21| Comment(3) | TrackBack(0) | おでかけ記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月24日

★オービィ横浜★

大自然超体感ミュージアム オービィ横浜に行って来ました。
大自然マッピング ベースキャンプ Orbi横浜 MARK IS.jpg
みなとみらい駅に直結した MARK IS みなとみらい の5階の一角、
セガの先端技術とイギリスBBC EARTHの驚異の映像を融合させた
体感型ミュージアム・・という説明でしたが
シアターを中心とした映像系アミューズメント施設でした。

巨大スクリーンに投影された実物大動物を
インタラクティブに反応させたり
動物豆知識を仕入れたり
等身大図鑑アニマルペディア Orbi横浜 MARK IS.jpg

プロジェクションマッピングで映像の不思議さを感じたり
体感系エキシビジョンでは風やミストや匂いで
その場にいるかのような臨場感を味わったり。
アースパレット Orbi横浜 オービィ MARK IS.jpg

休憩スペースにも仕掛けありますよ、
ベンチに座ったり、ゴミ箱に手を入れると
動物の声が聞こえてくるのです。
地球色見本アースパレット Orbi横浜 MARK IS.jpgベースキャンプ プロジェクションマッピング 火山 オービイ横浜.jpg音の出るベンチ オービィ横浜 MARK IS.jpg

映像エキシビジョンに関連して
ゴリラの頭骨や象の足骨のレプリカ展示もあり。
ニシローランドゴリラ頭骨レプリカ オービィ横浜 MARK IS.jpg


オービィではカフェのメニューがちょっと面白いのです
ブルーバーガー イエローストーンピッツア MOCOカフェめし オービィ.jpg
鮮やかな青色のバンズでサンドしたブルーバーガー
ここまで奇抜な青色だと思わなかったので少々ひるみましたが
最古の植物とも言われるスピルリナという藻から
取り出した天然色素で青くしているのだとか。
緑色の大陸も描いて地球儀みたい、アフリカ大陸が中心ですね。
この表面つるんとした真っ青なバンズは、
パンというより もっちりした肉まんの皮に近い食感。
間に挟むは甘辛ソースのさっくりとしたチキン竜田

右横に並ぶは世界遺産イエローストーン国立公園をイメージしたピッツア
トッピングはポルチーニやイベリコチョリソーに
鮮やかな熱水泉をイメージした 鶏挽肉のナゲット的なモノ。
黄色唐辛子のピリっと辛いアヒソース付き。
この直径8センチのピザは 8983㎢のイエローストーン国立公園に対して
約2800億分の1のサイズ、"食べられる世界遺産"
的なコトが書いてありましたが・・・そうですか。
速水もこみちさんプロデュースの「MOCOカフェめし」メニューのヒトツだそうで、
シアター上映中の「マジック・オブ・イエローストーン」のナレーションも
もこみちさんの声でした。
イエローストーンピッツア MOCOカフェめし  速水もこみち.jpgブルーバーガー オービィ横浜カフェ MARK IS.jpgメガバグズ キッズスペース トランポリン Orbi横浜 オービイ.jpgエレファンツ 壁面 Orbi横浜 MARK IS オービイ.jpg
アニマルクエスト動物かくれんぼオービイ横浜 MARK IS.jpgアニマルクエスト ブラックライトペン オービィ横浜 MARK IS.jpgアフリカゾウ前足 骨 レプリカ オービイ横浜 MARK IS.jpgぬいぐるみ オブジェオービィ横浜 MARK IS.jpg

オービィの隣の特設会場で サワレルハチュウルイ展 もやっていたので
オービィとの共通チケットを購入して入ってみました。
名前の通り、”触れる爬虫類展”ということで
カエルに蛇にワニなど 常時25種類以上の爬虫類がいて
そのうち4種類程は実際に触らせてもらえるとのこと。
アオマルメヤモリ みなとみらイズー サワレルハチュウルイ MARK IS.jpgアルビグラリスオオトカゲ イズー サワレルハチュウルイみなとみらい.jpgインドシナウォータードラコン みなとみらイズー 触れる爬虫類展.jpg 

さらに、この日は山下公園付近で
横浜スパークリングトワイライトというイベントがありました、
夜には3000発の花火もあがるというので 大さん橋に移動

大型客船飛鳥Uも停泊中
飛鳥U 大さん橋 横浜 2015.jpg
花火前後の時間にはジュエリーボートという
カラフルなイルミネーションで縁取られた船達がぷかりぷかり

船の汽笛が鳴ると 自然と沸き起こった拍手、
そして打ちあがるスパークリング花火
スパークリング花火 横浜スパークリングトワイライト 大さん橋.jpg
みなとみらいからベイブリッジまでの夜景
目の前の海にはかわいいジュエリーボート
そして頭上に大きな音で開く花火

今年初の花火は涼しい海風の中で感じることが出来ました。
大さん橋飛鳥U スパークリングトワイライト2015 横浜.jpgスパークリングトワイライト大さん橋 横浜山下公園側 .jpg

【Orbi横浜(オービィ横浜)】
住所:神奈川県横浜市西区みなとみらい三丁目5番1号
    MARK IS みなとみらい 5F
電話:045-319-6543
営業:10時〜23時 (最終入館 21:00)
営業:不定休
HP:http://orbiearth.jp/jp/

【みなとみらイズー サワレルハチュウルイ展】
期間:2015年7月18日〜9月27日
営業:11時〜19時(最終入場18時半)
   土日祝は10時〜19時
場所:MARK IS みなとみらい 5F特設会場
HP:http://minatomiraizoo.jp/#id0
posted by さくらん at 14:15| Comment(2) | TrackBack(0) | おでかけ記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月15日

★サンリオピューロランド★

サンリオピューロランド に行って来ました。
まんなかばーすでー 4F虹の滝 マイメロ・キティ・キキララ.jpg
今年はキキララ リトルツインスターズ マイメロディ 40周年記念年だということで
期間限定の商品や飾りつけがあり、
パレードも40周年記念でマイメロ&キキララのが初の主役を務める
「OMOIYARI TO YOU」になってました。
マイメロピューロランドでしか会えないというたれ耳姿、
というか、耳がたれちゃってるので
すぐにはマイメロだと判別できなかった・・
OMOIYARI TO YOU 40thパレード リトルツインスターズ.jpgOMOIYARI TO YOU マイメロディ 40thパレード.jpgマイメロディドリームカフェ サンリオピューロランド4F.jpg

この時期にははらぺこあおむし×キティのイベントスペースもあり
塗り絵やらキティのふわふわ遊具で跳ねて遊べました。
はらぺこあおむしKittyぬり絵 サンリオピューロランド.jpgはらぺこあおむしキティ顔ハメ看板 サンリオピューロランド.jpgはらぺこあおむしキティふわふわ サンリオピューロランド.jpg

マイメロードドライブ サンリオピューロランド.jpg
キャラの世界観にひたりましょう。
サンリオキャラクターポートライド  ピューロランド.jpgピューロビレッジ サンリオピューロランド.jpgピューロビレッジ  サンリオピューロランド.jpg

衝撃だったのは ぐでたま
ぐでたまあしたからほんきだすサンリオピューロランド.jpg
あの玉子のキャラクター”ぐでたま”
ぐでーーーっとグリーティングしてくれる  ”ぐでーてぃんぐ”では
やる気ない声でしゃべったり
たらーーんと動いたり 可愛いお尻が見えたり
力も入れず 媚も売らずの ゆるすぎキャラなんだけど、
じわじわと、なんとなく、かわいいと思えちゃう。
ぐでたまぐでーてぃんぐ あしたからほんきだす.jpgぐでたま白身から顔だし看板.jpgぐでたま顔ハメ  2Fサンリオタウン サンリオピューロランド.jpg

ピューロ内では 常に どこかしらで
キャラクターに会えるような気がします、
ピアノマリーランドフォトエリア サンリオピューロランド.jpgキティのパパ サンリオピューロランドエンターテインメントホール.jpgマイメロディ グリーティング サンリオピューロランド.jpgOMOIYARI TO YOU まんなかばーすでーマイメロディ.jpgあひるのペックル サンリオピューロランド知恵の木ステージ.jpgリトルツインスターズ40thアニバーサリー サンリオピューロランド.jpg

特にお仕事熱心なキティさんは
ショーや出没場所ごとに衣装を替えてます。
OMOIYARI TO YOU 40thパレード キティ・ダニエル.jpgミラクルージョンスターライトドリーム ダニエル ピューロランド.jpgはらぺこあおむしキティ サンリオピューロランド.jpgレディキティハウス サンリオピューロランド.jpg

キティちゃんのお家 レディキティハウスが出来ていたんですね、
真っ白なピアノ ドレスタワーに
ベットの横にはケーキ、お風呂はロイヤルミルクティー
茶室スペースもあったり・・と 
豪華でメルヘンでキラキラした 不思議なごったまぜ世界。
白いピアノホール  レディキティハウス サンリオピューロランド.jpgティアラ レディハウスキティサンリオピューロランド.jpgキティだまし絵 レディキティハウス サンリオピューロランド.jpgお風呂はロイヤルミルクティー レディキティハウス ピューロ.jpgレディキティハウス 茶室 サンリオピューロランド.jpgベッドサイドにケーキ LADYkittyHouse.jpgキティフィギュアコレクション レディキティハウス サンリオピューロランド.jpgドレスタワー レディキティハウス サンリオピューロランド.jpg

いろんなスタイルの”かわいい”をギュッと詰め込んだ場所、
前向きな言葉たっぷりに応援してくれるキャラクター達に会えて
ちょっとした現実逃避  前向きパワーもらって来ました。
キティ絵画 レディキティハウス サンリオピューロランド.jpgマイメロードドライブ ピューロランド.jpgマイメロキキララのドーナツ マイメロドリームカフェ ピューロランド4F.jpg誕生リトルレディジュエル ディスカバリーシアタ.jpgレディジュエルペット誕生リトルレディ ディスカバリーシアタ.jpgミラクルージョン スターライトドリーム ピューロランド.jpgピューロビレッジ時計 サンリオピューロランド.jpg知恵の木 ピューロビレッジ ピューロランド.jpgレインボーホール サンリオピューロランド.jpgサンリオピューロランド外観 夜.jpg

サンリオピューロランド
住所: 〒206-8588 東京都多摩市落合1-31 
電話:TEL 042-339-1111 
HP:http://www.puroland.jp/
posted by さくらん at 13:38| Comment(2) | TrackBack(0) | おでかけ記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月28日

★川崎市藤子・F・不二雄ミュージアム 後編★

川崎 藤子・F・不二雄ミュージアム 後編
カフェピクトグラムのお話です。        前編はコチラ

入場したのは休日の12時でしたが
その時すでに ミュージアムカフェ は90分待ちでした、
午後3時頃には整理券配布終了してしまうこともあるそうなので
入場したらおはなしデンワを借りずに、すぐ3階に上がって
カフェで入場整理券を取得しておくことをお勧めします。

キャラではなく、食べたいモノで選んでしまいました、
コロ助カルボナーラ
コロ助カルボナーラコロッケ付 藤子・F・不二雄ミュージアムカフェ.jpg
クリームたっぷりでソースにコクのあるカルボナーラ、
ちょんまげはパンで 目はチーズ、鼻がミニトマト
コロ助プリントのコロッケ付き

ドラミちゃんのポケットケーキセット
ドラミちゃんのポケットケーキセット 藤子・F・不二雄ミュージアム.jpg
ホワイトチョコ・マンゴームース・カシスムース・チョコスポンジが層になったケーキ、
ドラミちゃんのリボンやポケットと同じ柄です。
単品でカフェラテを注文するとラテアートの絵柄(キャラ)は選べませんが
このケーキセットは必ずドラミちゃんラテですよ。
失礼ながら、こういうのって見た目勝負だから、味は二の次、三の次なんでしょ・・
と思っていたんですが、意外にも美味しいので驚きながら食べ進んでしまいました。

ミュージアムでは 是非ピクトグラムにも注目して下さい。
ピクトグラムとは簡略化された絵で
誰でも理解できるようにつくられた注意・案内のコト、
藤子・F・不二雄キャラFキャラ)によるオリジナルのピクトグラムが展開されています。
Fキャラピクトグラム トイレ案内 藤子・F・不二雄ミュージアム.jpg
トイレのマークはのび太君しずかちゃん
方向矢印を持つドラえもんの手、ドラちゃんが道案内してくれるみたい

スベったり転んじゃうドジキャラといえば・・のび太君
コケたのび太君 川崎藤子・F・不二雄ミュージアム.jpg
空を見上げよう 川も見ようよ って教えてくれるピクトまでも
空と川の方向指示 ピクトグラム 藤子F不二雄美術館.jpgミュージアムカフェ方向指示 藤子・F・不二雄ミュージアム.jpgピクト 藤子・F・不二雄ミュージアム.jpgトイレ内の飾り絵おばあちゃん 藤子・F・不二雄ミュージアム.jpg

藤子・F・不二雄ミュージアム 十の掟 には
”其の六、すみずみまで鑑賞を忘れずに。
 それが、たとえトイレでも ”
 と書いてありましたが
トイレの壁にも トイレや鏡にまつわる漫画が飾ってあります。
トイレ鏡前に飾られた絵藤子・F・不二雄ミュージアム.jpg

ミュージアムの周辺にもFキャラ達がいるので散策もしちゃいましょう、
最寄り駅のひとつJR南武線 宿河原駅前には
ドラえもんの小さな銅像や
Fキャラだらけで 美術館とコラボしたローソンがありますし、
駅からの道のりもFキャラピクトが案内してくれて
さらに、Fキャラミュージアム直行バスが幾種類も通るので
距離のワリに歩くのは苦にならないかと思います。
そう、Fキャラバスのナンバーはすべて
ドラえもんの誕生日「2112年9月3日」にちなみ
「2112」になっているのだとか。
宿河原駅前ドラえもん銅像 JR南武線宿河原駅前 .jpg3号車キテレツ大百科 F美直行バス.jpg長尾橋欄干 ドラえもん 藤子・F・不二雄ミュージアム付近.jpg1号車ドラえもんナンバー2112 ミュージアム直行バス.jpg
話は反れますが、ドラえもんの高欄(橋の欄干)の後ろにある
水門のカッコ良さも私の中では収穫。

まんがコーナー 藤子・F・不二雄ミュージアム2F.jpgキッズスペース 藤子・F・不二雄ミュージアム.jpgドラえもん風三角コーン 藤子・F・不二雄ミュージアム.jpgきこりの泉 きれいなジャイアン 藤子・F・不二雄ミュージアム.jpgノビジュースコースター 藤子・F・不二雄ミュージアムカフェ.jpg水のみ場 まんがひろば 藤子・F・不二雄ミュージアム.jpgまたきてねドラえもん出口 藤子F不二雄ミュージアム.jpgムード盛り上げ楽団木琴キッズスペース2階藤子F不二雄ミュージアム.jpgコエカタマリン 2階みんなのひろば 藤子F不二雄美術館.jpgドラえもんレンガ 外壁 藤子・F・不二雄ミュージアム.jpgエントランスディスプレイ春 桜 川崎藤子・F・不二雄ミュージアム.jpgペンダントと貝エントランスディスプレイ 川崎藤子F不二雄美術館.jpg

ニッッと笑ったり ドカン!と怒ったり
わーんと泣いたり 喜怒哀楽を出してくるキャラ達、
でも 怒っても 泣いてても
どこかあったかい表情。

ドラえもん達が 出迎えて 案内して
一緒に遊んでくれる ミュージアムでした。

順番にお並びください きこりの泉 川崎藤子・F・不二雄美.jpgピー助とのび太君ドラえもん はらっぱ ドラえもんミュージアム.jpgミュージアム十の掟2階みんなのひろば川崎F美術館.jpgきれいなジャイアンみんなの広場 きこりの泉 ドラえもん美.jpgメニュー 川崎藤子・F・不二雄ミュージアムカフェ ノビジュース.jpgキッズスペース ジャイアン 川崎藤子F不二雄ミュージアム.jpg

川崎市藤子・F・不二雄ミュージアム
住所:〒214-0023 神奈川県川崎市多摩区長尾2丁目8番1号
電話:0570-055-245(お問い合わせダイヤル)
営業:10:00〜18:00
休館:毎週火曜日・年末年始(12月30日〜1月3日)
   ※ゴールデンウィーク(4月29日〜5月5日)及び夏休み期間(7月20日〜8月31日)は開館
   日時指定による予約制 1日4回入館(入れ替え制ではない)

チケット販売:http://l-tike.com/fujiko-m/(ローソンチケット)
駐車場:無し
HP:http://fujiko-museum.com/
posted by さくらん at 17:14| Comment(4) | TrackBack(0) | おでかけ記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月12日

★川崎市藤子・F・不二雄ミュージアム 前編★

川崎にある 藤子・F・不二雄ミュージアム に行って来ました。
ドラえもん エントランスディスプレイ 川崎F美.jpg
ドラえもんパーマンオバケのQ太郎キテレツ大百科などを描かれた
藤子・F・不二雄(藤本弘)先生のミュージアム、
漫画作品の紹介から漫画を読んだり キャラと遊べるスペースまであって
マンガの世界を楽しめる ”すこし不思議なミュージアム” なのです。
ここは完全日時指定の予約入館なので
前売り入場券を買っておかねばなりません。

まずは原画や藤本先生の私物を展示する資料エリア、
ここでは おはなしデンワ という
音声ガイドを貸してもらえるので聞きながら進みます
大人用と子ども用の2種あり、
子供用はクイズなんかも出してくれるので楽しめるようでした。
おはなしデンワ 藤子・F・不二雄ミュージアム.jpg
残念ながらここのエリアは撮影禁止。
原画は長期間続けて展示すると色あせてしまうので
展示室の照明を落としたり 複製原画と交互に展示していて
複製画の額縁にはコピーロボットのシールを貼ってあるそうです。
さらに、原画などはドラえもんの身長129.3センチに合わせて
低い位置に展示してあるので 子供達にとっては見やすい高さ。

「まんがコーナー」ドラえもん、 何読んでるの?
2Fまんがコーナー 藤子・F・不二雄ミュージアム.jpg
「ドラえもん」の5巻を読んでたのね
まんがコーナー ドラえもん 藤子・F・不二雄ミュージアム.jpg
ドラ焼き食べながらマンガ読むなんて
お行儀わるいんじゃない?
でも ドラえもんと一緒にマンガ読めるなんて嬉しいね。

木のぬくもりいっぱいの「キッズスペース」
キッズスペース 2F藤子F不二雄ミュージアム.jpg
以前は青空色のお部屋だったのを2013年にリニューアルしたとのコト。
ここの入室は未就学児とその保護者だけなので
ジャイアンが残念そう・・
キッズスペース入口立札 ジャイアン藤子F不二雄ミュージアム.jpg

みんなの広場ではミュージアム限定ガチャにチャレンジ、
出て来たのはチンプイのマスコット
ミニチュアカフェラテ付きで なかなかの可愛さ。
ミュージアム限定マスコット チンプイ 藤子・F・不二雄ミュージアム.jpgドラミちゃん限定ガチャ みんなのひろば F美.jpg
ミュージアム限定ガチャ カフェラテミニチュア付 藤子・F・不二雄.jpgミュージアム限定ガチャガチャ マスコットコレクション コロ助 ワニ 21エモン.jpg限定ガチャ ドラえもん 藤子F不二雄ミュージアム.jpgミュージアム限定ガチャ カフェラテミニチュア付 Fミュージアム.jpg

「Fシアター」では200インチスクリーンで
15分程度のオリジナル作品を鑑賞出来ます。
この時はチンプイドラえもんのコラボストーリーだったので
さっきガチャで当たったチンプイがさらに愛おしいモノに。
シアター入場券の絵柄は豊富で
入場前にF型のハサミを入れてくれます。
ハサミをパチンと入れるのも子供達には新鮮だったみたい。
もしもボックス みんなのひろば 藤子F不二雄ミュージアム.jpgみんなのひろば 藤子F不二雄ミュージアム.jpgFシアタードア みんなのひろば 藤子F不二雄ミュージアム.jpgFシアター入場券とパーマン原画展チラシ.jpg絵合わせコロ助 藤子F不二雄ミュージアム みんなのひろば.jpgミュージアム建設に使用したヘルメット みんなのひろば.jpgみんなのひろば のび太の家.jpg絵合わせ みんなのひろば 藤子F不二雄ミュージアム.jpg


屋上の「はらっぱ」にはドラえもん達の遊ぶ姿。
あの土管の中には落書き
はらっぱの土管 川崎藤子・F・不二雄ミュージアム.jpg
のび太くんが描いたのかな?
自分が子供の頃には土管なんかの建築資材が置かれた空き地で遊んでいたものです、
今の子は土管に入って遊ぶなんて知らないんだろうなぁ。

ピー助と遊ぶ のび太ドラえもん
ピー助とドラえもんのび太.jpg
どこでもドアも通りぬけ出来ちゃう。
ドラミちゃん はらっぱ 藤子F不二雄ミュージアム.jpgパーマン ブービー はらっぱ 藤子F不二雄ミュージアム.jpg石像ドラえもん 中庭 藤子F不二雄ミュージアム.jpgどこでもドア はらっぱ 藤子・F・不二雄ミュージアム.jpgオバケのQ太郎O次郎 藤子F不二雄ミュージアム.jpg
今でもドラえもんの顔を見ると
頭の中を大山のぶ代さんの声が流れます。
のび太君の声も昔の方がしっくりきますね
子供の頃に刷り込まれてしまったものは
なかなか抜けません。

笑ったのは「きこりの泉」
きれいなジャイアンが泉の中から出て来てくれる・・・
きこりの泉 きれいなジャイアン 藤子・F・不二雄ミュージアム .jpg
あのジャイアンが、あのジャイアンが、
水も滴るイイ男になってるし
きれいなジャイアン きこりの泉 藤子・F・不二雄ミュージアム.jpg
さらに水に戻って行くときに頭頂部から空気が抜けて
ぶしゅしゅしゅしゅーーと鳴るのがツボだったらしく
ウチの子は何度も笑い転げていました。

長くなってしまったので
ミュージアムカフェや面白かったピクトグラム
ミュージアム周辺の話は後編にて・・・

川崎市藤子・F・不二雄ミュージアム
住所:〒214-0023 神奈川県川崎市多摩区長尾2丁目8番1号
電話:0570-055-245(お問い合わせダイヤル)
営業:10:00〜18:00
休館:毎週火曜日・年末年始(12月30日〜1月3日)
   ※ゴールデンウィーク(4月29日〜5月5日)及び夏休み期間(7月20日〜8月31日)は開館
   日時指定による予約制 1日4回入館(入れ替え制ではない)

チケット販売:http://l-tike.com/fujiko-m/(ローソンチケット)
駐車場:無し
HP:http://fujiko-museum.com/
posted by さくらん at 16:52| Comment(5) | TrackBack(0) | おでかけ記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月03日

★神奈川県立生命の星 地球博物館★

今回は2013年撮影の画像放出です、
昆虫標本の写真もあるのでちょっと昆虫閲覧注意かな。


小田原 神奈川県立生命の星 地球博物館 の話です。
壮大な名前ですが
地球の歴史と生命の多様性を展示するという自然史博物館
チンタオサウルス エントランスホール 生命の星地球博物館.jpg

昆虫は苦手なのですが
中には思わず撮ってしまったほど 興味をそそられる虫もいました
なんでこんな姿形に? こんなにも多種多様の命があるのか
センストビナナフシ 生命の星地球博物館.jpgジンメンカメムシ 生命の星地球博物館 .jpgシタムラサキオオバッタ 生命の星地球博物館.jpg
モルフォ蝶の羽の輝き 
キプリスモルフォ蝶 生命の星地球博物館.jpg 

ここで圧巻なのはなんといっても
今にも動き出しそうな剥製達。
ライオンのはく製 生命を考える 生命の星地球博物館.jpg
表情があり 息遣いが聞こえてきそう。

動物達がずらり並ぶ、その対面には
恐竜の骨格標本が並びます、
(多くはレプリカカ)
恐竜の時代 生命を考える 生命の星地球博物館.jpg
向かい合って その大きさを比較

サイ剥製 生命の星地球博物館.jpg黒ヒョウとウサギ 生命の星地球博物館.jpg生命を考える 生命の星地球博物館.jpg恐竜の時代 生命を考える 生命の星地球博物館.jpg

そういえば、以前国立科学博物館で開催された大哺乳類展
ここの剥製・標本が多数展示されていたのを思い出しました、
科博に貸出す程に 質が高く数が多いということでしょうか?

ジャンボブック 生命の星地球博物館.jpg哺乳類頭骨 ジャンボブック 生命の星地球博物館.jpgスペクトロセラス 生命の星地球博物館.jpg

博物館の展示は多岐に渡りますが
なにかヒトツでも心に残れば
また新しい扉が開けるのかもしれません。
地球模型 生命の星地球博物館.jpg神奈川県立生命の星地球博物館.jpgペンギンモドキ 生命の星地球博物館.jpg地球を考える 生命の星地球博物館.jpg

神奈川県立生命の星・地球博物館
住所: 〒250-0031 神奈川県小田原市入生田499
電話: 0465-21-1515 
開館:午前9時〜午後4時30分(入館は午後4時まで)
休館:月曜日(祝日・振替休日にあたる場合は翌平日)
   館内整備日(8月を除く、原則として毎月第2火曜日)
   年末年始(12月29日〜1月3日)
   国民の祝日等の翌日(土曜日、日曜日または国民の祝日等にあたるときを除く)
HP:http://nh.kanagawa-museum.jp/
posted by さくらん at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | おでかけ記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月26日

★相模原麻溝公園★

今回は 相模原麻溝公園 の話です。
無料の市立公園なのに 広い芝生の広場やアスレチック、
展望塔にふれあい動物広場まであり、
さらに隣接する県立相模原公園
まで足を伸ばすと温室植物園等があるので
一日たっぷり遊べてしまいます。

得にお勧めなのが
ふれあい動物広場
ウサギやモルモットなどを抱っこさせてもらえたり
モルモット ふれあい動物広場 相模原麻溝公園.jpg
動物達にエサをあげたり
ポニー乗馬も100円でできます。

バードケージでは鳥達が放し飼いになっていて
かなり近くで鳥達を見られるので 体温があがります。
砂あび ふれあい動物広場 相模原麻溝公園.jpgキンカチョウ 相模原麻溝ふれあい動物広場.jpgコジュケイ バードケージ 麻溝公園ふれあい動物広場.jpg
自らレンズを覗き込んでくれたキンケイ(金鶏)
キンケイ ふれあい動物広場 相模原麻溝公園.jpg
鮮やかな羽色を見せびらかしに来たの?

翼に白い斑点があるのは薄雪鳩
薄雪鳩 ふれあい動物広場 相模原麻溝公園.jpg
尾の先まで20センチ程度の可愛らしい小鳥なんだけど
デーデー、ポッポーと鳴く声や
歩く時に首を前後に振る姿は なるほど鳩ですな。

孔雀 相模原麻溝公園ふれあい動物広場.jpg金鶏 ふれあい動物広場 相模原麻溝公園.jpgポニー 相模原麻溝公園ふれあい動物広場.jpgミーアキャット 相模原麻溝公園ふれあい動物広場.jpg

思いっきり走ったり 動物に触れてあったかさを感じたり。
帰りたくないよーまだ太陽がいるよ、まだ遊べるよーって言われました、
でも4時半には閉まっちゃうの。また来ようね。
薄雪鳩 バードケージ 麻溝公園ふれあい動物広場.jpgオシドリ バードケージ 麻溝公園ふれあい動物広場.jpgグリーンタワー相模原からでいだらぼっちの足跡子どもの広場 魚つり.jpg

相模原麻溝公園
住所:〒252-0328 南区麻溝台2317-1
電話:042-777-3451(相模原麻溝公園管理事務所)
   042-778-3900(ふれあい動物広場管理事務所)
営業:グリーンタワー相模原
   4月から9月まで: 午前9時〜午後4時30分
   10月から3月まで: 午前9時〜午後4時
   ふれあい動物広場
   4月から9月まで: 午前9時30分〜午後5時
   10月から3月まで: 午前9時30分〜午後4時
   ふれあい動物広場休園日
   年末年始・月曜日(祝日等の場合は翌火曜日)
駐車場:1,265台
HP:http://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/shisetsu/kouen_kankou/kouen_ryokuchi/005922.html
posted by さくらん at 00:31| Comment(5) | TrackBack(0) | おでかけ記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月15日

★相模川ふれあい科学館★

相模川の自然と魚達を紹介する淡水魚専門の水族館
相模川ふれあい科学館を再訪してきました。
  (過去記事はコチラ)

2012年8月末に閉館、1年半の再整備工事を経てリニューアルしていたそうです、
もうリニューアルから一年にもなるんですね。
長い工事期間でしたし 運営会社も代わったので
大きく変わってしまったかと思っていたのですが
ドーナツ型水槽が新たに登場していたくらい
その他にあまり変化なかったかも。
円形水槽 相模川ふれあい科学館.jpg

お、いました、
「流れのアクアリム」のアルビノニジマス
アルビノニジマス 相模川ふれあい科学館流れのアクアリウム.jpg
ニジマスの群れの中に一匹だけ。

お勧めなのは屋外エリアのタッチング水槽
コイやウグイ、鮎・アブラハヤとニジマスなどの
川魚に餌あげ体験出来るのですが
ここのお魚達はかなり人に慣れているんです。
お魚トレーナーになろう タッチング水槽 アクアリウムさがみはら.jpg

水から飛び上がりそうな勢いでツンツン
ちょっと大きな鯉は吸い込むようにパクパク

ちなみに写真の魚はウグイで
春になると雌雄ともに婚姻色という
3本の朱色の線がお腹に浮かび上がってくるそうです。

タッチング水槽 ウグイ 湧水と小川のアクアリウム 人ゾーン .jpg
お魚達が手にたっくさんのキスをしてくれたみたい、
コイなどの少し大きな魚のキスはなかなかの迫力。

魚達の動きを手に感じることが出来る
しかも警戒心の強い川魚達とここまで触れ合えるのはかなり珍しく
楽しい事ではないでしょうか。

アクアリウムさがみはら 相模原市中央区水郷田名.jpgゼブラウツボ マンスリー水槽 相模川ふれあい科学館.jpgドーナツ型坂道お魚観察水槽 相模川ふれあい科学館.jpg

相模川ふれあい科学館−アクアリウムさがみはら−
住所:〒252-0246 神奈川県相模原市中央区水郷田名1-5-1
電話:Tel:042-762-2110 
営業:9:30〜16:30 ※イベント等により延長の場合あり
   月曜休館(月曜日が祝祭日の場合は開館し、振替休館無し
   春休み・GW・夏休み・冬休み・年末年始など長期休暇期間は毎日開館)
HP:http://sagamigawa-fureai.com/
posted by さくらん at 23:26| Comment(8) | TrackBack(0) | おでかけ記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月07日

★おもちゃ王国★

プラレールカー新幹線に乗って西へ向かった際に
岡山おもちゃ王国に初めて行って来ました。
観覧車や急流すべりなどがある屋外遊園地と
立ち並ぶおもちゃパビリオンの複合施設、
遊園地には2歳から乗れるジェットコースターがあったりと
ちびっこでもめいっぱい楽しめる”王国”でした。

園内にはダイヤブロックで作ったオブジェがあちこちにあります。
ダイヤブロック トーマス 岡山おもちゃ王国.jpg
機関車トーマスブロックは運転席に座れちゃう。

子供が一番熱中していたのは
トミカ・プラレールランド
トミカプラレールを合わせて作った大きなジオラマに
トミカとプラレールのジオラマ 岡山おもちゃ王国.jpg
好きなパーツを選ぶとその場でオリジナルトミカを組み立ててもらえるトミカ組立工場
あみだくじで当たれば非売品の銀色新幹線プラレール
外れても非売品プラレール車両がもらえるというプラレールくじもありました、
非売品のプラレールなんて珍しいんじゃない?と
子供に話しかけてみるも
「えー?あれ、カッコ悪いよ。」 と一蹴。 
銀ピカ200系東北新幹線 プラレールあみだくじ.jpgトミカプラレールジオラマ 岡山おもちゃ王国.jpgオリジナルトミカ トミカ組み立て工場 おもちゃ王国 .jpgディズニーモータース トイ・ストーリー トミカ・プラレールランド.jpg 
トミカって いろいろあると思っていたけど、
アナと雪の女王のミニカーもあるんですね。
アナと雪の女王トミカ トミカプラレールランドおもちゃ王国.jpg

私が一番興奮してしまったのは シルバニア
シルバニア森のキッチン 岡山おもちゃ王国.jpg
この時はシルバニアファミリー30周年記念イベント中だったので
常設のシルバニア館の他にイベントホールにも
シルバニアの巨大ジオラマやプレイコーナーがありました。
子供の頃・・・欲しかった・・・シルバニア・・・
買って貰えずにショーケースにずっと張り付いていたんだった・・・
大人になって改めて見ても
人形や洋服、小物の可愛らしさに欲しくなってしまう。
1シルバニアファミリー30周年ジオラマ イベントホール  岡山おもちゃ王国.jpg1シルバニアファミリー 30周年わくわくアニバーサリーフェスタ .jpg1シルバニア ようちえん 30周年ジオラマ 岡山おもちゃ王国.jpg

リカちゃんハウスでは
100万円もするというダイヤモンドリカちゃんや
等身大リカちゃん人形にも出会えます。
リカちゃんって意外と背が低いのですね、
身長142センチ、小学五年生なんだって。
等身大リカちゃん リカちゃんハウス 岡山おもちゃ王国.jpgダイヤモンドリカちゃん リカちゃんハウス おもちゃ王国.jpgオリジナルリカちゃん リカちゃんハウス岡山おもちゃ王国.jpg

アクションゲームワールドでは
野球盤や黒ひげ危機一髪といった懐かしい玩具に
大人も意外と熱中。
野球盤 アクションゲームワールド 岡山おもちゃ王国.jpg

一日滞在したにも関わらず
半分ぐらいしか遊べませんでした。
それぐらい子供が遊びこんじゃう場所。
2ブロック北陸新幹線ドクターイエロー ミニチュア鉄道館 おもちゃ王国.jpg3大阪ジオラマ ミニチュア鉄道館 岡山おもちゃ王国.jpg2ドキドキクラッシュ人体模型 アクションワールド岡山おもちゃ王国.jpg3ロードトレイン 岡山おもちゃ王国.jpg
3プレイモービルコレクション 岡山おもちゃ王国.jpg3わくわくアニバーサリーフェスタシルバニアファミリー 岡山おもちゃ王国.jpg2ピノチオ館 王様のお城 シルバニア館 観覧車 岡山おもちゃ王国.jpg2チボリコースターと観覧車 岡山おもちゃ王国.jpg
おもちゃ王国 岡山
住所:〒706-0153 岡山県玉野市滝1640-1
電話:0863-71-4488
HP:http://www.omochaoukoku.co.jp/index.php
posted by さくらん at 15:28| Comment(0) | TrackBack(0) | おでかけ記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月01日

★山陽新幹線500系こだまプラレールカー 2015年春★

2014年7月から運行していた 山陽新幹線のプラレールカー
1車両をまるっとプラレールの遊び場にしちゃった夢の新幹線
今年3月までの期間限定運行の予定でしたが
好評につき今年(2015年)の8月まで期間延長になったそうです。
<< 2014年秋に乗車した記事はコチラ >>
しかも、3月までにプラレールカー車内の一部をリニューアルしたとの事、
3月下旬に新幹線に乗る予定があったので乗車してきました。

時は春休み真っ最中、そりゃ子供も多いですよね。
プラレールカーも激混みで すれ違うのもやっとだし
お子様運転台に座るのも並んでいるようでした。

さて、ほんのちょっと リニューアルしてるんですね、
プラレール大型ジオラマ大阪の街や姫路城など
山陽新幹線の観光名所を展示していましたが
さらに福井恐竜博物館兼六園といった北陸新幹線の名所も追加になってます。
福井恐竜博物館エボルタジオラマ 500系こだまプラレールカー.jpg

ジオラマでは他にも
「山陽新幹線全線開業40周年」のボードがあちこちに飾られ
エボルタ君人形も増えたもよう。 
青色の他にも緑やオレンジのエボルタ君がいるようです。
山陽新幹線40周年 エボルタ プラレールジオラマ 500系こだまプラレールカー.jpg

貸出プラレールにも3月に開業したばかりの
北陸新幹線かがやきの車両がありました、
やっぱり今話題の新幹線なんだなぁ。
北陸新幹線かがやきプラレール 500系こだまプラレールカー.jpg

スタンプ台スタンプも替わりました、
左が2014年、右が2015年です。
カンセンジャーjrも手の形が変化してます。
乗車記念に貰えるキャラクターステッカーのデザインも変更になったとか。
2014年プラレールカースタンプ エボルタカンセンジャーJr こだま.jpg  プラレールカーリニューアル後スタンプ.jpg

ドクターイエローだ!!」
前方から子供の声が聞こえたので
モニターを見るとこちらに向かって来る黄色い新幹線が映っています、
お子様運転台のモニターは実際の運転台からの映像を
リアルタイムに投影しているんです、 ということはイエローがコチラへ来る!
ざわつくプラレールカー車内、私も慌ててカメラを構えましたが
すれ違い走行の新幹線はあっという間、早すぎて撮れませんでした。
撮れなかったのは残念ですが、
見られれば幸せになる?という黄色い新幹線ドクターイエロー
初めて見たので大人の私も興奮しちゃいました。
ドクターイエロー プラレールジオラマ500系こだまプラレールカー .jpg

子供との長距離移動はなかなか難しいものです。
荷物も多いし、車内で騒いでしまわないように気を使いますよね。
このプラレールカーは隣の2号車に大型荷物置き場がありますし
キッズスペースのように子供が遊べる空間なので
時間を楽しみながら乗る事が出来ました。
今回は春休みの混雑でゆっくりは出来なかったのですが
このような子供向けスペースが増えて欲しいと思います。

お子様運転台 貸出子供用制服 2014年秋プラレールカー.jpgプラレールカージオラマ 500系こだまプラレールカー.jpgプラレールカーにのったよ遮光幕 500系こだまプラレールカー.jpg
山陽新幹線全線開業40周年 改札エボルタ プラレールカー2015.jpg記念撮影スポット 500系こだまプラレールカー.jpgドクターイエロー プラレールジオラマ 500系こだまプラレールカー.jpg
タグ:電車
posted by さくらん at 13:28| Comment(5) | TrackBack(0) | おでかけ記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月17日

★魔法の美術館 ひかりのたまてばこ★

川崎市市民ミュージアムにて展示されていた
魔法の美術館 ひかりのたまてばこを観に行ってきました。

光とデジタル技術を駆使したインタラクティブアートの作品展、
”魔法の美術館”という名前で
おととしから全国30ヶ所以上を巡回していたので
観に行ってみたいと憧れていた展示でしたが
今回川崎での展示は作品数を減らしてコンパクトに展開していたようです。

あまり広くない会場でしたが、子供が多く
はしゃぎまわる楽しい声が聞こえる展示でした。

仕掛けに参加して音や光の変化を楽しむ作品達なので
写真に撮っても ほとんど伝えられないのですが
それでも少し紹介させて下さい。

アトリエオモヤ 「光とあそぶ」
光であそぶ アトリエオモヤ 魔法の美術館ひかりのたまてばこ.jpg
上から光にかざしたビー玉を下から覗いて体験する作品。
幼児が届くくらいの高さになっているので
下から布越しにビー玉を触れて
ビー玉を通した光の変化を楽しむ。

森脇裕之 「Lake Awareness」
LakeAwareness 森脇裕之 魔法の美術館 ひかりのたまてばこ.jpg
手をかざすと基板に取り付けられたセンサーが反応してLEDが青く光りだす。
その信号は周囲の基板に連鎖的に伝わり 波紋のように光が広がる。
反応するとまるで葉が揺れるようにサラサラと音が伝わるのも趣深かった。

的場やすし/山野真吾/徳井太郎 「Splash Display」
SplashDisplay 魔法の美術館ひかりのたまてばこ.jpg
細かな発砲ビーズが積もったディスプレイ、
鑑賞者が動き回る「的」に「玉」を投げて的中させると
ディスプレイが爆発したかのように
色を投影された発砲ビーズが空中に舞い上がる。
カラフルなビーズが動き回る幻想的な光景に見とれる。

小松宏誠 「Lifelog_mobile」
lifelog mobile 小松宏誠 魔法の美術館 ひかりのたまてばこ.jpg
ガチョウの羽のモビール、
その場の風にのってゆったりと回転している。
変化し続けるが、どこか花のよう。
同じく羽の輪を重ねたシャンデリアの「Lifelog_シャンデリア」と
組み作品のように展示してあり
それらが壁に投げかける影の動きが美しかった。
真っ白で軽やかな鳥の羽、静かな揺れが不安感を漂わせる。

真鍋大度/比嘉了 「happy halloween!」
happy halloween! 真鍋大度 比嘉了 魔法の美術館ひかりのたまてばこ.jpg
一番笑ってしまったのがこの作品、
カメラの前に座るとスクリーンに映された自分達の顔に
愉快な仮装マスクが被される。
画像は京劇風マスクだけれど、パンダや熊の可愛いのから
ドラキュラや半漁人まで種類も豊富、
目鼻口の動きに連動して柔軟に動いてくれる。
マスクを被っただけで別キャラになった気分を味わえる不思議。

SplashDisplay 川崎市市民ミュージアムひかりのたまてばこ.jpg真鍋大度 比嘉了happy halloween!  魔法の美術館ひかりのたまてばこ.jpg藤本直明 ImmersiveShadow ひかりのたまてばこ川崎市民ミュージアム.jpg小松宏誠Lifelog mobile.jpg

アートでもアート以外でもデジタルな仕掛け物が
珍しくなくなってきた昨今、
よりテーマが重要になっていると個人的に思うのだが
私にはテーマが分かり難い作品もあった。

しかし、単純に楽しめる作品が多い事は良かった。
美術館といいながら、ここまで笑い声が聞こえた空間は初めてだった。

小松宏誠 Lifelog-mobile,シャンデリア ひかりのたまてばこ.jpg緒方壽人 音めがね 魔法の美術館 川崎市市民ミュージアム.jpg小松宏誠 SecretGarden 川崎市市民ミュージアム ひかりのたまてばこ.jpg
森脇裕之レイヨ=グラフィー 魔法の美術館 川崎市市民ミュージアム.jpg坪倉輝明 七色小道 川崎市市民ミュージアム ひかりのたまてばこ.jpg森脇裕之LakeAwareness 魔法の美術館ひかりのたまてばこ.jpg
posted by さくらん at 23:58| Comment(3) | TrackBack(0) | おでかけ記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月09日

★寒川神社 初詣★

あ け ま し て
     お め で と う ご ざ い ま す

 
今年も寒川神社に初詣に行って来ました。
元旦の降雪で初詣を翌日にずらした方が多かったのでしょうか、
年明け2日の初詣は三之鳥居あたりから人の多さを感じましたが
神門から手水舎の先まで行列ができていて
「しばらくお待ち下さい」「入場規制を行っております」の
プラカードが出ていました。
入場規制 寒川神社 初詣.jpg
寒川神社初詣

といえば迎春ねぶたですよね。
今年の干支は
もふもふねぶた飾りが・・・
・・・無いですね、そういえば干支ねぶたの十二支が一巡したので
一昨年から神話ねぶたに代わっていたのでした。

今年のねぶたは八岐大蛇退治
猛々しい素戔嗚尊(すさのおのみこと)
素戔嗚尊 寒川神社迎春ねぶた 八岐大蛇.jpg

福々しい奇稲田姫(くしなだひめ)
クシナダヒメとヤマタオオロチ 寒川神社迎春ねぶた.jpg

ヤマタノオロチは二股の赤い舌が可愛いじゃないですか。
八岐大蛇 寒川神社迎春ねぶた 2015.jpg

勇壮なねぶたの中に 暖かな色の光が灯るのを見上げていると
寒さを忘れそうな気がします。
寒川神社神門迎春ねぶた 2015.jpg

2015寒川神社迎春ねぶた 八岐大蛇 スサノオとクシナダヒメ.jpg2015寒川神社 本殿 初詣.jpg2015年寒川神社 干支絵馬 迎春ねぶた絵馬.jpg

一年の幸せを祈ってひかせてもらった花みくじ
今年は「小吉」でした。
”何事も控えめが無難、焦って事を起こさずに じっと我慢。
 チャンスが来るのを待ちましょう”
との事でしたので、焦らず心穏やかにして好機を待ちたいと思います。

今年もどうぞ宜しくお願い致します。

八岐大蛇 寒川神社 ねぶた神門飾り.jpg人形すくい 寒川神社初詣屋台.jpg寒川神社初詣屋台 おめん屋さん.jpg寒川神社 新春授与品.jpg
posted by さくらん at 10:55| Comment(5) | TrackBack(0) | おでかけ記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月27日

★スマートイルミネーション その2★

うかうかしてると年を越してしまう・・その1はコチラ


東日本大震災のあった2011年に省エネルギー技術の活用と
アーティストの創造性を活かした夜景演出の試みを発展させる目的で始まった
アートとイルミネーションの融合イベント
スマートイルミネーション2014 つづきの話です。

メインの会場であった象の鼻パークで最も目立っていた作品、
このイベントのアイコンのように扱われていた作品が
たてもののおしばい 高橋匡太 柴幸男 開港波止場 スマートイルミネーション2014.jpg
「たてもののおしばい」 高橋匡太+柴幸男
ムービングプロジェクターで5棟のビルにおしゃべりする顔を投影、
顔の輪郭の処理がキレイなので本当にビルの顔が動いているかのよう。
普段は動くことも話すことも出来ないビル達が
個性を与えられて対話を始める
「お金立て替えてくださいよ」
「ビルだけに、立替(建替)ってね」という
”ビルぎゃぐ”も飛び出す・・・

プロムナードの橋下が青く光っていた。
水天一色 呉鴻 開港波止場 スマートイルミネーション2014.jpg
水天一色  呉鴻
近寄ってみると
青い光に照らされた無数の四角い反射材が
海風に揺られてチカチカとまるで光るように見えた。
反射光によって可視化されるのは風、
一番長く見入ってしまいました。

光のらくがき たてもののおしばい スマートイルミネーション2014.jpgRoundabout ZyMy ザイマイ スマートイルミネーション2014.jpgスマートイルミネーション2014 たてもののおしばい 高橋匡太+柴幸男.jpg

イベント期間中だけ
光の装飾を施したイルミネーションシップが運行していました。
イルミネーヨンシップFLOW ジン・ジヨン ぷかり桟橋 .jpg
「FLOW」 ジン・シヨン
同作家の同名作品は象の鼻テラスの壁面にも展示してありました。
象の鼻パークとパシフィコ横浜のぷかり桟橋を往復するイルミネーション船、
片道500円で作品を鑑賞しつつ、みなとみらいの夜景を海から鑑賞出来てしまう。
1階船室内側の窓に色とりどりのLEDチューブを這わせ、
複雑に交差しながら流れる光は
人々のコミュニケーションや思考を共有する様を表現しているのだとか。
シャトルシップFLOW ジン・シヨン 1階船室 スマートイルミネーション2014.jpg
乗客は多いのに、皆さん2階デッキ部に上がって夜景を見ているので
作品がある1階船室は空いていました、 ま、夜景も作品の一部でしょうか。
少し冷たくなった海風を感じながら10分程度の船旅、
着いた先のぷかり桟橋ではWINTER ILLUMINATIONしてました。
ぷかり桟橋winter-illumination スマートイルミネーション2014.jpg
ターミナルのアウトラインがシャンパンゴールドの光で飾られ、
ウッドデッキはじわじわと色を変える七色の光に彩色されています。
こちらはイベント期間後も継続するイルミのようですが
光が強いので単純に見応えを感じてしまいます。。

2012年のスマートイルミネーションと比べると
アートやエネルギー技術の活用といったコンセプトが
ぼやけてきたようにも思いますが
ワークショップや参加型の作品が増えて
さらに子供が参加出来る作品が幾つもあったので
私的には大変に有難く楽しめるイベントでした。

スマートイルミネーション2014 ぷかりさん橋.jpgBetween a human and the machine 奇異基地.jpg象の鼻パーク方向 スマートイルミネーション2014.jpgたてもののおしばい 高橋匡太+柴幸男.jpg
posted by さくらん at 00:14| Comment(2) | TrackBack(0) | おでかけ記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月14日

★スマートイルミネーション横浜2014 その1★

10月30日から11月の3日まで 5日間限定で行われていた
スマートイルミネーション横浜2014を観て来ました。
東日本大震災のあった2011年に省エネルギー技術の活用と
アーティストの創造性を活かした夜景演出の試みを発展させる目的で始まった
アートとイルミネーションの融合イベント、
メイン会場の象の鼻パークとぷかり桟橋だけですが
2回に分けて紹介させて頂きます。

ライティング・ルーツ・ファクトリー 象の鼻パーク スマートイルミネーション.jpg
「 Junk Balloon Light」
ライティング ルーツ ファクトリー 

建築現場での廃材達が夜な夜な横浜に集まって光る風船になった、
太陽光を蓄え横浜の海風を受けると光るのだそうだ。
明るい時に見るとそのまんま廃材だったが
夜の闇を纏うと可愛らしい灯りに変身していた。

後ろでラベンダー色に染まった横浜税関の建物(クイーン)、
歴史的建造物もライトアップしてアートに取り込んでいるのが面白いところ。

東京工芸大学 メディアアート研究室 strings 光と影の構造物.jpg
「strings 〜光と影の構造物〜」
東京工芸大学 インタラクティブメディア学科 メディアアート研究室
 
無意識に認識している光と影の関係性を
蜘蛛の巣のように張り巡らせた糸で表現し
2つの関係性を改めて考える作品だとのこと。
絡み合い、光に浮かび上がった糸を視線が辿ってしまう。
糸の先にガラス?オブジェをぶら下げたミニ作品を作るワークショップも行われていた。

吉田葵 岸井悠子 Luminaous Wave スマートイルミネーション2014.jpg
「Luminaous Wave−きらめく波−」 吉田葵+岸井悠子
お子さんは参加してくださーい!と呼びかけていたワークショップ、
大きな布に蛍光色の蓄光塗料で描いた海の生き物達を
下からブラックライトで照らしながら見つけ出す
最後には膨らめた布の中にブラックライトを持った子供達が入り
内側から光るバルーンとなっていた。
吉田葵 岸井悠子Luminaous Wave きらめく波.jpg
子供達が持ったライトの光が不規則に動いて
蓄光塗料の色を瞬間的に浮かび上がらせる、
刹那の鮮やかな色はもっと見ていたかった。

FLOW ジン・シヨン 象の鼻テラス スマートイルミネーション2014.jpg
「FLOW」ジン・シヨン
色とりどりのLEDチューブが象の鼻テラスの壁に
交差しながら光の流れを生み出していた。
他の作品より色も光も強めの作品だったのでインパクトはある。
というか、他の作品の光が控えめすぎる。

象の鼻テラス内にも数作品が展示してあった、
天体を模した光の空間は
Land 徐夢笛 劉東海 象の鼻テラス スマートイルミネーション横浜2014.jpg
「Land」 徐 夢笛+劉 東海
中央の一番大きく一番光る球体は地球で
来場者が身の回りのモノを入れてゆく事で
作品が出来上がり、入り続ける事で変化し続けるという。
紙モノばかりが貼り付けてあったが、
ディズニーランドでのレシートやこどもの国入場券など
多くの楽しい思い出で地球は形作られていた。
The birds smile at Tokky リ・プリンス×リ・ヒョンジュ象の鼻カフェ.jpg花影 ジン・シヨン+オ・サンムン 象の鼻テラス スマートイルミネーション2014.jpgLand 徐夢笛 劉東海 象の鼻テラス スマートイルミネーション横浜.jpg光るきのこ 象の鼻カフェ スマートイルミネーション2014.jpg

象の鼻テラスの屋上には
東アジア文化都市招待作家の3作品、
ふしぎの国のアリスのおしゃべりするウサギや鳥だという
「The birds smile at ‘Tokky’」
リ・プリンス×リ・ヒョンジュ


胴体に光るスタンプが施された象のオブジェ、
お尻のハンドルを動かすと背中の羽が動いて
鼻から水が噴射されるという
「Kokkily+Hana+Zouno+Ko」 
チャン・ウソク×ハン・ジンス


水や雨を感知すると光るLED植物プランターなのだという
「Lighting flowerpot」 イ・ジェミン
実際にジョウロで水をかけることも出来たし、
隣の象のオブジェが鼻から噴き出した水を受けていた。
水を受けるとぽわんと青白く光り、そしてゆっくりと光を弱めてゆく。
テラス屋上の3作品は場所が暗すぎた為に全体像も良く見えず
作家の意図が伝わり難い様な気がしてならなかった。
The birds smile at Tokky リ・プリンス×リ・ヒョンジュ象の鼻テラス屋上.jpgLighting flowerpotイ・ジェミン 象の鼻テラス屋上.jpgKokkily+Hana+Zouno+Ko チャン・ウソク×ハン・ジン 象の鼻テラス屋上.jpg

今年は「東アジア文化都市 2014 横浜」としても開催されていたので
東アジアの招待作家作品も多く、
また環境未来都市の推進に取り組む横浜の特色を活かした
「FutureCity Yokohama スマートイルミネーション・アワード 」作品の
展示・投票も行われていたようです。
東京工芸大 メディアアート研究室 strings 光と影の構造物 スマートイルミネーション.jpgちび火 小山田徹 象の鼻パーク スマートイルミネーション2014.jpg象の鼻テラス スマートイルミネーション2014.jpg
ピンク色の象の鼻パーク スマートイルミネーション横浜2014.jpgLight Bottles 象の鼻カフェ スマートイルミネーション横浜2014.jpgJunk Balloon Light ライティング・ルーツ・ファクトリー スマトイルミネーション.jpgwhitescaper 光るきのこ SLOW LABEL×井上唯.jpg

スマートイルミネーション横浜2014 その2に続く
posted by さくらん at 00:58| Comment(2) | TrackBack(0) | おでかけ記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。