2015年09月01日

★富士サファリパーク★

2014年8月の話を掲載
富士サファリパークに行って来ました。
ミナミシロサイ サファリエリア 富士サファリパーク.jpg
動物放し飼いのエリアに車で乗り込む あの施設です。
ガーム 2歳仔象 アジアゾウ 富士サファリパーク.jpg
動物に近寄りたい、と思うけれど
実際近寄ってくれちゃうと
ちょっとひるみます、
だってやっぱり大きくて迫力あるから。
雌ライオン 樹上 サファリエリア ライオンエリア 富士サファリパーク.jpgアミメキリン サファリエリア一般草食ゾーン 富士サファリパーク.jpgダマジカ 草食ゾーン サファリエリア 富士サファリパーク.jpgエランド サファリエリア 一般草食ゾーン 富士サファリパーク.jpg

サファリエリアを廻るには自家用車だけでなく
ジャングルバス等に乗せてもらう方法もあります。
事前ネット予約だけでなく、
当日予約でも乗車可能と聞いていたのですが
夏休み期間のこの日は 10時半の入場時すでに
ジャングルバスのチケット完売でした。
コレに乗りたかったね・・・と
愉快な動物型バスを眺めていたところ、
次のバスに直前キャンセルが出たので乗りませんか
とスタッフさんに声を掛けられたので
乗ります!! と即答でバスに乗車。
サイバス ジャングルバス サファリバス 富士サファリハパーク.jpg
こんな幸運あるんだなぁ。

網に覆われたバスからエサをあげながら
サファリエリアを走り抜けるバス、
ジャングルバスエサ リンゴ生肉 サファリエリア 富士サファリパーク.jpg
クマにはリンゴと人参
ライオンには生肉
ラクダやラマのエリアには固形飼料
どのエリアでもバスを見るとエサが貰えると分かって
すぐに動物が近寄ってきます。
ジャングルバス ライオンエリア サファリバス 裾野富士サファリパーク.jpg
♪ちかすぎちゃって どうしよう〜♪
あまりに近すぎる距離に興奮してピント合わず。

動物達の臭いが車内にドッと流れ込み
肌に感じる 鼻息や熱。

バス運転手さんの動物知識たっぷりで
軽快なトークも魅力。

歩いてまわる ふれあいエリアでは
今年も赤ちゃんライオン撮影会開催中
赤ちゃんライオン ふれあいエリア 富士サファリパーク.jpg
赤ちゃんライオンを抱っこして写真撮れるらしいのですが
今年も先着順の撮影会チケット取得出来ず。

短く可愛い足なのに、岩場を俊敏に動き回り、
進化の過程的に象に近いという
あのケープハイラックスの飼育数多めです
ケープハイラックス親子 どうぶつ村 富士サファリパーク.jpg
しかも2週間前に生まれたばかりの
赤ちゃんもぴょこぴょこ。

オリや柵の無い開放感。
開放だと思っているのは人間だけかもしれないけれど
富士山を背景にゆっくりと動物たちを見させてもらって
気持ちはのびのびしてきました。

カバ ふれあいエリア 裾野市富士サファリパーク.jpgレッサーパンダ ふれあいゾーン 富士サファリパーク.jpgシロカンガルー ふれあいエリア FUJI SAFARI PARK.jpgトラバス サファリバス ジャングルバス 裾野市 富士サファリパーク.jpg

<<富士サファリパーク>>
住所:〒410-1231 静岡県裾野市須山2255−27
電話:055-998-1311(代)
HP:http://www.fujisafari.co.jp/index.html
posted by さくらん at 23:11| Comment(1) | TrackBack(0) | おでかけ記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
わぁっ・・・ほんとにほんとにライオンだ・・なんですね。サファリパークはまだいったことないー。

うーん・・機会ないかもだなー。みれてうれしい。
Posted by あられ at 2015年09月05日 15:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。