2015年05月12日

★川崎市藤子・F・不二雄ミュージアム 前編★

川崎にある 藤子・F・不二雄ミュージアム に行って来ました。
ドラえもん エントランスディスプレイ 川崎F美.jpg
ドラえもんパーマンオバケのQ太郎キテレツ大百科などを描かれた
藤子・F・不二雄(藤本弘)先生のミュージアム、
漫画作品の紹介から漫画を読んだり キャラと遊べるスペースまであって
マンガの世界を楽しめる ”すこし不思議なミュージアム” なのです。
ここは完全日時指定の予約入館なので
前売り入場券を買っておかねばなりません。

まずは原画や藤本先生の私物を展示する資料エリア、
ここでは おはなしデンワ という
音声ガイドを貸してもらえるので聞きながら進みます
大人用と子ども用の2種あり、
子供用はクイズなんかも出してくれるので楽しめるようでした。
おはなしデンワ 藤子・F・不二雄ミュージアム.jpg
残念ながらここのエリアは撮影禁止。
原画は長期間続けて展示すると色あせてしまうので
展示室の照明を落としたり 複製原画と交互に展示していて
複製画の額縁にはコピーロボットのシールを貼ってあるそうです。
さらに、原画などはドラえもんの身長129.3センチに合わせて
低い位置に展示してあるので 子供達にとっては見やすい高さ。

「まんがコーナー」ドラえもん、 何読んでるの?
2Fまんがコーナー 藤子・F・不二雄ミュージアム.jpg
「ドラえもん」の5巻を読んでたのね
まんがコーナー ドラえもん 藤子・F・不二雄ミュージアム.jpg
ドラ焼き食べながらマンガ読むなんて
お行儀わるいんじゃない?
でも ドラえもんと一緒にマンガ読めるなんて嬉しいね。

木のぬくもりいっぱいの「キッズスペース」
キッズスペース 2F藤子F不二雄ミュージアム.jpg
以前は青空色のお部屋だったのを2013年にリニューアルしたとのコト。
ここの入室は未就学児とその保護者だけなので
ジャイアンが残念そう・・
キッズスペース入口立札 ジャイアン藤子F不二雄ミュージアム.jpg

みんなの広場ではミュージアム限定ガチャにチャレンジ、
出て来たのはチンプイのマスコット
ミニチュアカフェラテ付きで なかなかの可愛さ。
ミュージアム限定マスコット チンプイ 藤子・F・不二雄ミュージアム.jpgドラミちゃん限定ガチャ みんなのひろば F美.jpg
ミュージアム限定ガチャ カフェラテミニチュア付 藤子・F・不二雄.jpgミュージアム限定ガチャガチャ マスコットコレクション コロ助 ワニ 21エモン.jpg限定ガチャ ドラえもん 藤子F不二雄ミュージアム.jpgミュージアム限定ガチャ カフェラテミニチュア付 Fミュージアム.jpg

「Fシアター」では200インチスクリーンで
15分程度のオリジナル作品を鑑賞出来ます。
この時はチンプイドラえもんのコラボストーリーだったので
さっきガチャで当たったチンプイがさらに愛おしいモノに。
シアター入場券の絵柄は豊富で
入場前にF型のハサミを入れてくれます。
ハサミをパチンと入れるのも子供達には新鮮だったみたい。
もしもボックス みんなのひろば 藤子F不二雄ミュージアム.jpgみんなのひろば 藤子F不二雄ミュージアム.jpgFシアタードア みんなのひろば 藤子F不二雄ミュージアム.jpgFシアター入場券とパーマン原画展チラシ.jpg絵合わせコロ助 藤子F不二雄ミュージアム みんなのひろば.jpgミュージアム建設に使用したヘルメット みんなのひろば.jpgみんなのひろば のび太の家.jpg絵合わせ みんなのひろば 藤子F不二雄ミュージアム.jpg


屋上の「はらっぱ」にはドラえもん達の遊ぶ姿。
あの土管の中には落書き
はらっぱの土管 川崎藤子・F・不二雄ミュージアム.jpg
のび太くんが描いたのかな?
自分が子供の頃には土管なんかの建築資材が置かれた空き地で遊んでいたものです、
今の子は土管に入って遊ぶなんて知らないんだろうなぁ。

ピー助と遊ぶ のび太ドラえもん
ピー助とドラえもんのび太.jpg
どこでもドアも通りぬけ出来ちゃう。
ドラミちゃん はらっぱ 藤子F不二雄ミュージアム.jpgパーマン ブービー はらっぱ 藤子F不二雄ミュージアム.jpg石像ドラえもん 中庭 藤子F不二雄ミュージアム.jpgどこでもドア はらっぱ 藤子・F・不二雄ミュージアム.jpgオバケのQ太郎O次郎 藤子F不二雄ミュージアム.jpg
今でもドラえもんの顔を見ると
頭の中を大山のぶ代さんの声が流れます。
のび太君の声も昔の方がしっくりきますね
子供の頃に刷り込まれてしまったものは
なかなか抜けません。

笑ったのは「きこりの泉」
きれいなジャイアンが泉の中から出て来てくれる・・・
きこりの泉 きれいなジャイアン 藤子・F・不二雄ミュージアム .jpg
あのジャイアンが、あのジャイアンが、
水も滴るイイ男になってるし
きれいなジャイアン きこりの泉 藤子・F・不二雄ミュージアム.jpg
さらに水に戻って行くときに頭頂部から空気が抜けて
ぶしゅしゅしゅしゅーーと鳴るのがツボだったらしく
ウチの子は何度も笑い転げていました。

長くなってしまったので
ミュージアムカフェや面白かったピクトグラム
ミュージアム周辺の話は後編にて・・・

川崎市藤子・F・不二雄ミュージアム
住所:〒214-0023 神奈川県川崎市多摩区長尾2丁目8番1号
電話:0570-055-245(お問い合わせダイヤル)
営業:10:00〜18:00
休館:毎週火曜日・年末年始(12月30日〜1月3日)
   ※ゴールデンウィーク(4月29日〜5月5日)及び夏休み期間(7月20日〜8月31日)は開館
   日時指定による予約制 1日4回入館(入れ替え制ではない)

チケット販売:http://l-tike.com/fujiko-m/(ローソンチケット)
駐車場:無し
HP:http://fujiko-museum.com/
posted by さくらん at 16:52| Comment(5) | TrackBack(0) | おでかけ記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
水もしたたる美少年の剛田武くんに笑いました〜。^^
私には縁がなくて行きそうにない場所ですが、こんなふうになっているんだねー、ちびっ子は楽しいよねー、なんて感じながら拝見しました♪
あ、でも、どこでもドアをくぐってみたいかな(笑)。
後編も楽しみにしています!
Posted by もも at 2015年05月13日 20:03
さくらんさん
ドラえもん
楽しいですね
素敵なミュージアムですね

昨日はコメント
ありがとうございます
おかげさまでようやく
なおって来そうな感じになりました
ステロイドは怖いですね
Posted by ryuji_s1 at 2015年05月14日 07:33
★★>> もも さん
あったかいコメント有難うございますっ!!
私もお子ちゃま向け施設かと思っていたのですが
行ってみると子供よりも
大人だけのグループの方が多かったり
海外の方も多かったので
ドラちゃん達は幅広い世代・文化から愛されてるんだなぁって思いました。
美少年ジャイアン♪何度も見てるとじわじわきました、
なんでか分からないけどなんだか可笑しくなってくるんですよ、ツボります★


★★>> ryuji_s1さん
ミュージアムを通して見て
改めてドラえもんたちキャラの
あたたかさを感じました。
お体は無理せずゆっくり静養なさって下さいね
医療機関はすぐにお薬を処方してくれますけど
まだ自分は薬品の情報を
知らな過ぎると感じています。
Posted by さくらん at 2015年05月14日 15:05
さくらんさん、こんにちは。
おお、いつのまにそんなところが。

ドラえもん好きだったらうれしいですねぇ・・
一緒にすごしてるかのようで。

息子たちも仕事におわれ、もうすっかり観なくなってしまったけど、懐かしいマンガです。
孫とかできたら一緒にいけるのになぁ・・
ではでは
Posted by あられ at 2015年05月16日 16:12
★★>>あられさん
川崎という意外と近場にあるんですよ、
そうなんです、ドラえもんと並んで漫画を読んだり
一緒に遊んでる気分になれちゃいました。
昔から続いているドラえもん、
今子供と観てみると発見もあれば
懐かしくほっとするものもありました。
Posted by さくらん at 2015年05月28日 14:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。