2011年10月08日

★黄金町バザール2011★

また 黄金町バザール2011 を観に 横浜 へ。
スッティラット・スパパリンヤ Welcom to Your Voice 八番館 黄金町バザール2011.jpg

前回訪れたのは 公開制作中の8月,
今回再訪してみたら作品が完成していたり、展示が入れ換わっていたり
または作品に手が加えられていたりと いろいろな変化を確認。
小林孝一郎「咲いている花」「咲いた花」「Hawksbill turtle」 竜宮美術旅館 黄金町バザール2011.jpg8月 野田智之 リサイクル・アートライブin黄金町 黄金町バザール2011.j.jpg8月 狩野哲郎 自然の設計 黄金町バザール2011.jpg
          上 8月↑   下 9月↓
9月 絵画の夢 小林孝一郎  竜宮美術旅館 黄金町バザール2011.jpg9月 野田智之 リサイクル・アートライブin黄金町 黄金町バザール2011.jpg9月 狩野哲郎 自然の設計 黄金町バザール2011.jpg

スタジオの外壁に自分の持ち物の形をトレースすると
その中に模様を描きこんでくれるというマーク・サルヴァトゥスさんの作品、
私も8月の時に自分の携帯をトレースさせてもらったのだが
ちゃんとそこにも模様を描きこんでもらえていたので嬉しかった。
他のトレースされた形を見ていると、日傘や扇子、帽子などが多く、
嗚呼、夏の跡。と トレースした人達に想いを馳せていたのだが、
良く見たら鳩の形もトレースされていた。
は、鳩!?  
大岡川沿いに展示されていた鳩が ここにも痕跡を残したのだろうか?
スッティラット・スパパリンヤ Welcom to Your Voice 八番館 黄金町バザール2011 .jpg野田 智之 SFipod ハツネウィング 黄金町バザール2011.jpgマーク・サルヴァトゥス WrappedTraces 小串スタジオ 黄金町バザール2011.jpg
割り箸ウォール 黄金スタジオ 黄金町バザール2011.jpgユキンコアキラ リズムペイントパフォーマンス かいだん広場.jpg池田光宏 ポップアップ・プロジェクト 黄金町バージョン 八番館.jpg河地貢士 折り鶴 ハツネウィング 黄金町バザール2011.jpg

さとうりさ the Bottom 高架下新スタジオ 黄金町バザール2011.jpg
さとうりささんのは大小2作品展示されていた。
"こはち"が閉じ込められた小さい作品は可愛らしかったのだが、
大きい作品は柱が邪魔な高架下に展示されていたので
全体をちゃんと見渡す事が出来なかった。
とりあえず作品と一緒に記念撮影をして大きさ比較をしておいたが
もっと広い場所で観たかった気もする。
高架下という半屋外で薄暗く、どこか閉塞的な空間は面白いが
そのスペースと空気に似合う作品は限られてしまうだろう。
さとうりさ メダムK 高架下新スタジオ 黄金町バザール2011.jpgキム オンジョン  ハツネテラス.jpg加藤翼「11.3」プロジェクト 八番館 黄金町バザール2011.jpg

竜宮美術旅館の2階では
狩野哲郎さんの作品の一部としてが廊下に張り巡らされていて
そこをくぐり抜ける私達は
蜘蛛の巣にかかった虫のようだった。

いや、竜宮城なら
網にかかってしまうのは 鯛やヒラメの魚達だろうか?

狩野哲郎 竜宮美術旅館 黄金町バザール2011.jpg

1階の展示室の壁から やはり草が生えていた。
それは作品と合うようにも思っていたが
単に壁の隙間から生えちゃったのど根性草なのだという。
「昭和20年代の建物ですからねぇ、あちこち隙間があるんですよ。」
とスタッフの方が言っていた
台風の時は雨漏りもひどかったそうだ。

折角、美術館としてリノベーションされたのに
数奇な運命を辿ってきた特殊旅館だったのに
時間を経なければ出せない味わいがたっぷりなのに
来年春には取り壊されてしまうというのだから
とても惜しい。
松澤 有子 ひかりを仰ぐ 竜宮美術旅館 黄金町バザール2011.jpg洗面所 竜宮美術旅館.jpg浴室 竜宮美術旅館.jpg遠藤一郎 RAINBOW JAPAN 〜未来へ号バスがゆく!〜の経過報告 竜宮美術旅館 黄金町バザール.jpgL CAMP 竜宮美術旅館.jpg

黄金町バザール
作家さん達が実際黄金町に滞在して作品を制作しているケースが多いらしい。
町で作品を創るから作品も町の空気を吸いこんでしまい、
作家さんもその場所に居過ぎて作品と展示のスペースが
自分の生活の部屋のようになってしまってる、
まるで自分の部屋に招きいれたかのように作品を魅せてくれた作家さんもいた。
黄金町バザールでは町と作家と作品の関係性が
とても密接で暖かく感じられたのが印象的だった。
フタミフユミ+芝生の上でおこること実行委員会 黄金ミニレジデンス 黄金町バザール2011.jpg安部泰輔 アカイクツヲハイタネコ日ノ出スタジオ 黄金町バザール2011まちをつくるこえ.jpgmujikobo 黄金ミニレジデンス 黄金町バザール2011まちをつくるこえ.jpg
野田 智之 高架下新スタジオ 黄金町バザール2011.jpg平井豊果 変革ドローイング GARAHouse 黄金町バザール.jpg井出賢嗣 漂流記.イス.() 大平スタジオ2  黄金町バザール.jpgさかもとゆり ハツネテラス 黄金町バザールまちをつくるこえ.jpg

初黄・日ノ出町地区(初音町〜黄金町〜日ノ出町地区)の特殊な歴史が語られる際には
”終戦後からバラックが立ち並び〜”や”青線地帯”等の単語が頻出していたので
この地域が抱える問題というのも昔の話なのだと思っていたが、
横浜開国博に向けて県警による違法店舗の追い出しが2005年に始まったというから
今世紀の話、つい最近の話だったのだ。
確かに町を歩いていると明らかに普通飲食店ではない
特殊な間取りの建物が残っているのを見かける、
そういうかつての重さも持ちながら、
川沿いのこじんまりとした生活の町の雰囲気と
さらに町に滞在する作家さん達のアートなオーラが混在した
ちょっと面白い町だった。

黄金町MAP.jpg飲み処浪花 提灯 黄金町.jpgおニャン子34黄金町バザール2011.jpg
黄金サイダー.jpg猫を探しています 黄金町.jpg日ノ出スタジオ .jpg黄金町 大岡川沿い.jpg
佐野屋本店のトビヲちゃん 黄金町.jpgするめちゃん〜黄金町探訪編〜サーモメーター 黄金町.jpgスタンプラリー  黄金町バザール2011パスポート 日ノ出スタジオ.jpg


posted by さくらん at 00:45| Comment(12) | TrackBack(0) | おでかけ記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
さくらんさん
素敵なアートがいっぱい楽しそうですね
文化香る秋ですね
Posted by ryuji_s1 at 2011年10月08日 16:19
制作中が完成したのですね!
公開制作というのが面白かったです。
トレースしてきた携帯の出来上がりも見れて
よかったですね。^^

美術館でなく、こういう建物自体と制作過程を
アートにしてしまうのはすごいと思いました。
そしてその建物や街の持っている重さも・・・
Posted by むんみー at 2011年10月09日 08:43
面白い〜
身近にある感じのアートですね〜
Posted by tamirin at 2011年10月09日 10:22
★★>> ryuji_s1さん
面白い作品や仕掛けが
町のあちこちにありました。
文化の秋、涼しくなってきたので
町散策にも最適な季節になりました。


★★>> むんみーさん
制作過程を見られるのは面白いですね、
さらに作品の一部に加わらせてもらえたことで
一層興味と愛着が湧きました。
美術館という限られた箱の中でなく、
町全体を使うという自由な発想が良いですよね、
むんみーさんも紹介されていた世田谷線つまみぐいウォーキングのように町ぐるみのイベントって面白いですね!


★★>>tamirin さん
そうなんです、作品を直にさわれたり
作家さんとじかにお話も出来たり
一部は買う事も出来たり
とっても身近に感じられるイベントで楽しかったです。

Posted by さくらん at 2011年10月09日 10:48
横浜は いろんな観光地がありますけど
黄金町という地名は知りませんでしたいろいろあるんですねえ
青線の意味が分からずグーグルしてしまいました。
炭酸飲まないきがしましたけど黄金サイダーは飲んだんですか?

Posted by わち at 2011年10月09日 14:15
私も、近くに行ったときに
さくらんさんのブログを思い出して
少しだけ行ってきました(^^)/
ありがとうございます(^o^)

竜宮美術館もいったよ☆
展示はだいぶ変わったみたいですね♪
Posted by ずぅ at 2011年10月10日 00:59
1枚目のピンクのなんだかかわいいねえ 売ってたら買いたいレベル!しかもスパパリンヤって名前?美味しそうな名前。
こういうのがあると思うとアートも楽しめそうだね。
Posted by 種子 at 2011年10月11日 16:11
★★>> わち さん
青線地帯、私もこの黄金町バザールで初めて知りました(私もググりましたよ。)
そうなんです、炭酸苦手なんでね、まだ飲んでないです、家人に飲んでもらおうかと。
炭酸苦手だけど買いたくなっちゃうじゃないですか、
今ご当地サイダーもプチブームだし。
ちなみにビー玉じゃないタイプでした。


★★>> ずぅ さん
さすがハマっ子、ずぅさんも行かれたんですね!!
あの辺りは雑貨屋さんや小さなカフェもあったりして面白いエリアですね。
竜宮美術館、カフェになってる部分はキレイですけど
あちこち傷んで古さが持つ良い味出してますよね、
取り壊しは残念に思います。


★★>> 種子 さん
そう、声に出して読みたい名前、スパパリンヤさん!
タイの女性アーティストさんでした、そしてスパパリンヤさんのピンクの人形はホントに売ってました!
確か2千円?3千円ぐらいで、人形の足を押すと
録音&再生が出来るという機能付き!
こりゃあ、種子さんも行くしかない!!
Posted by さくらん at 2011年10月12日 00:23
行く前は覚えていたのに、すっかり忘れてた!この存在!!!
しかも来年にはなくなってしまうという。あーもったいないよ〜。
なんか開発の時とだいぶ様子が変わっているね。創作の過程まで見せてくれるってめったにないようなきがするな。きっと将来、このブログ 貴重なものになるね。
Posted by ふじふじ at 2011年10月17日 20:00
★★>>ふじふじさん
建物自体に雰囲気があったり、体験型の作品も多かったりとなかなか面白いイベントでありました、
そうなんです、さらに過程まで見られちゃうのも面白さと親しみがありました。
たまにこっちに来た時にはこういう種類のディスカバー★JAPANもアリ!?
ウチは子供付きなので言いだせなかったけれど
黄金町バザール一緒に行ってみたかったな〜。

Posted by さくらん at 2011年10月19日 00:31
こんな作品たちが取り壊されてしまうのはもったいないですね。皆さん精一杯、アピールしている。
魂みたいなものが感じられますよね。
さくらんさんの持ち物もアートになって
よかったですね。
じょじょに変わっていくアート。
住み込みでも表現しようとする芸術家。
すごい物も感じます。
私のブログでもお世話になっている
kozue師匠がまた編みぐるみ和菓子展を
やりますが、そこに来るお仲間さんも
みなさんすごいアーティストばかりです。
才能がある人ってすごいですね。
Posted by yottyan at 2011年10月23日 23:34
8月に参加させてもらった作品が出来上がっていました、
自分が過去にここを通った跡が残って作品になっているというのが嬉しかったです。
想像の域ですが住み込みで作品を作って行くと作品に取り込まれて一部になってしまいそうな気がします、それだけに深いエネルギーがありそうですね。
kozue師匠の展示会ですか、表現出来るって素敵な事ですね、
それがkozueさんのように和菓子知識もあって
世界観を確立されてる方の作品は素晴らしいと思います。
Posted by さくらん at 2011年10月24日 19:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。