2015年08月27日

★大山絵とうろうまつり★

伊勢原市大山3夜限定
大山絵とうろうまつり を見てきました。
おおすみ山荘 大山絵とうろうまつり 伊勢原.jpg
江戸時代から大山詣の参拝客を
石灯籠の明かりが出迎えていた事にちなんで
大山参道・街道沿いに絵とうろうを並べたイベントです。

大滝荘たけだ旅館大山絵とうろう 光の競演 伊勢原.jpg
灯篭の絵柄は多種多様、
美人画や浮世絵が多くありましたが
個人作品はかなり自由になってます。
おおすみ山荘絵とうろうトイストーリー3 大山絵とうろう祭.jpg
アニメではディズニー系が豊富、
ポスターをそのまま貼ったのかと思う程に
図柄をしっかりコピーした絵もありました。
名探偵コナンポスター絵とうろう オラフ 伊勢原.jpg清水屋 龍絵とうろう 伊勢原 大山絵ろう祭.jpg大山絵とうろうまつり 2015 伊勢原 夏野菜.jpg

親族の似顔絵なのかしら、 成長記念・祈願なのかしら。
ゑびすや土産店 絵とうろう伊勢原大山絵とうろ祭.jpg

流行りモノ系ですか、日本エレキテル連合ですよね。
とうふ処小川家 日本エレキテル連合大山絵とうろう.jpg

一番数が多いのは
手作り牛乳パックとうろうでしょうか
とうふ坂 大山絵とうろうまつり 伊勢原.jpg
光によって浮かび上がる 繊細な切り絵
ポップな絵柄もあれば
祈りや願い事を書き込んだ牛乳パックとうろうも。
牛乳パック灯ろう  海亀 大山絵とうろうまつり.jpg大山絵とうろうまつりYUTA 大山阿夫利神社社務所.jpg雪の結晶 牛乳パック とうふ坂 伊勢原とうろう祭.jpg大山絵とうろうまつり 大山2015 大山阿夫利神社社務所.jpg

ひこまる絵とうろう館の方が
「2階に80点以上展示してるから、見て行ってー。」と
招きいれて下さいました。
ひこまる絵とうろう館 大山絵とうろうまつり伊勢原.jpg
2階には絵とうろうと その原画等が飾ってありました。
DSC_0600.jpgひこまる絵とうろう館 大山絵とうろう祭 伊勢原.jpgDSC_0614.jpg

大山ケーブル駅前の広場に
ずらり並んだ牛乳パックとうろう
大山ケーブル駅 牛乳パックとうろう 絵とうろう祭.jpg
山の形と「大山 2015」の形に並べられています。
これだけの数が揃うと
これだけ多くの気持ちと努力の結果が集まったかと思うと
心静めて ずっと観ていたい。
大山ケーブル駅 大山2015 牛乳パックとうろう 伊勢原.jpg大山2015 ケーブル駅 牛乳パック絵とうろう 伊勢原.jpg
この時期、大山ケーブルカーは運休中ですが
その代りに新型ケーブルカー組立現場見学会なるものを開催していました。
狭い建設足場の中を通って入ったのは
今年10月から運行するという新型車両内部
大山ケーブル新型車両組立見学会 大山絵とうろう.jpg
ガラスも壁もまだ養生シートに覆われていますが
それでも窓ガラスは大きく眺めが良さそうだし
天井も高く開放感がありそうです。

山の上までこの車両をヘリコプターで運んだ事、
座席は今日組立たばかりで 運転席はまだ入って無い事等
新型車両の中でスタッフさんが解説して下さいました。

行灯による”光の回廊”は約3キロも続きます。
正直、もっと大きなイベントかと想像していましたが
地元の力によるお祭りで
それだけに手作りの暖かさも感じました。

旅館目黒 大山絵とうろうまつり伊勢原 2015.jpg大山絵とうろうまつり 伊勢原 妖精灯ろう とうふ.jpg朝顔牛乳パック灯ろう 大山絵とうろうまつり伊勢原.jpg大山先導師旅館 大山絵とうろうまつり伊勢原.jpg大山阿夫利神社社務所 和婚体験 絵とうろう.jpgとうふ坂 伊勢原 大山絵とうろうまつり.jpgこま参道 大山絵とうろうまつり 光の回廊 伊勢原.jpg小川家 こま参道 大山絵とうろうまつり伊勢原 2015.jpg
ラベル: 伊勢原 神奈川
posted by さくらん at 13:44| Comment(2) | TrackBack(0) | おでかけ記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月26日

★相鉄厚木線 乗車体験会★

8月23日 日曜日 相鉄厚木線乗車体験会 に参加してきました。
横浜−海老名間を運行する相模鉄道には
貨物専用で乗客を乗せることが出来ない
厚木線という路線が存在しますが、
夏休み特別企画として1日限定の3便だけ
厚木線特別列車が運行したのです。

走行するのは
かしわ台駅から厚木操車場の
折り返し運転で
相鉄鉄道全線1日乗車券 厚木線乗車体験会.jpg
乗り降り自由の1日乗車券を購入すると
1回だけ乗車することが出来ます。
乗車前にそうにゃんスタンプを押してくれました。

特別列車としてホームで待っていたのは
2代目そうにゃんトレイン
2代目そうにゃんトレイン 相模国分信号所付近.jpg
( ※ 別日に撮影 )
相鉄のキャラクター ”そうにゃん”でラッピングされた
可愛らしい電車なので 子供達も大喜び。

ちゃんと撮れず お恥ずかしいのですが
貸切 方向幕 相鉄厚木線乗車体験会 そうにゃんトレイン.jpg
行き先表示の方向幕が
「貸切 CHARTER」
そうにゃんイラストになっているのも
特別感があります。

定刻どおりにかしわ台駅を発車、
厚木線へと分かれる相模国分信号所では
そうにゃんが手を振ってくれました。
そうにゃん 相模国分信号所 県道杉久保線踏切付近.jpg
この信号所とは 1926年に相模国分駅として開設され
戦前の1941年(昭和16年)までは
駅として使用されていたそうです。

厚木線にはJR相模線と並走区間があり、
相模線海老名駅付近ではJRを見下ろしながら走ります。
海老名駅西口駐輪場と建設中扇町 厚木線乗車体験会.jpg
10月末開業予定のららぽーと周辺は予想以上に出来上がっていました。
この反対側には小田急車両基地があります、
車両基地を見下ろすのは初めてだったので
不思議な感覚。

厚木操車場では停車するものの
ドアは開かず降車出来ません。
ここもかつては相鉄厚木駅として使われていたそうですが
今は車両留置施設なので乗客用ホーム等はありません。
厚木操車場 相模鉄道厚木線 相鉄厚木線乗車体験会.jpg
この停車時間にシリアルナンバー入りの
「乗車記念証」を貰えました。
相鉄厚木線乗車体験会 乗車記念証 相模鉄道2015年.jpg
折り返しの発車する時に
「汗だくで駆けつけたそうにゃんをご覧下さい」の
アナウンスで外を見ると
さっき信号所にいたそうにゃん
また手を振ってお見送りしてくれました、
短時間でどうやって移動したのか?が車内で話題に。

往復25分程度の乗車体験会
見知ったはずの場所も
普段とは違う位置から眺めると
新鮮に感じました。
そしてまたこの街が好きになります。
posted by さくらん at 19:47| Comment(0) | TrackBack(0) | おでかけ記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月19日

★伊豆シャボテン公園 植物編★

伊豆シャボテン公園 後編は植物話です。

シャボテン公園、というだけあって
園内には約1,500種類ものサボテン多肉植物を見られます。
月影丸サボテン 大温室 伊豆シャボテン公園.jpg
小さな丸いモノがころころと並ぶのって
それだけで可愛い。 でもトゲが生えてるのよね。

良く家の庭に生えてるウチワサボテン
こんなに妖艶な赤い花が咲くなんて。
仙人ウチワサボテンの花 大温室 伊豆シャボテン公園.jpg

東洋一のサイズを誇るという
金鯱サボテンの大きさはさすがです、
金鯱サボテン 大温室 伊豆シャボテン公園.jpg
推定樹齢160年、重さは250キロにもなるとか。

金晃丸 伊豆シャボテン公園.jpg竜神木サボテンの花 大温室 伊豆シャボテン公園.jpg福娘 大温室 伊豆シャボテン公園.jpg雪晃  大温室サボテン群 伊豆シャボテン公園.jpg

鑑賞だけではありません、なんと
サボテンを食べちゃうことも出来るのです。
サボテングリーンカツカレー レストランギボン亭  伊豆シャボテン公園.jpg
ギボン亭サボテングリーンカツカレー
タイのグリーンカレーのような辛さはなく、
一般的な日本カレーの味、でもちょっとルーが緑色。
カツの上で赤いパプリカの下にあるのがどうやらサボテン
見た目も食感もくったくたに茹でたインゲンみたい。
園内のサボテン料理には瓶詰めの塩漬けサボテンを使用しているそうですが
くったりした食感だけで特別な味は無く
カレーも普通に美味しいモノ。

園入口すぐで入園せずとも入れるベルステーションでは
サボテンのみじん切りをはさんだ
サボテンホットドックやサボテンハンバーガーなるものが食せます。
お子様カピバラカレーセット ギボン亭シャボテン公園.jpgメキシカン・ファイアー ギボン亭 伊豆シャボテン公園.jpgサボテンバーガー ベルステーション シャボテン公園.jpg

デザートだって サボテン
サボテンソフトクリーム 左はサボテン&バニラのミックス味
サボテンソフトクリーム  カフェシェリイ 伊豆シャボテン公園.jpg
あら、ピンク色。  
サボテンだから緑色かと思いきや、
これはサボテンの赤い実を絞ったジュースから作っているのだそう。
苺のようなベリー系の味がするので
知らなければストロベリーソフトだと思うだろう。
ちなみに前述のベルステーションでは緑色のサボテンソフトを販売していて、
これは草っぽい、イグサのような香りがするとの事。

たっくさんのサボテンを見て、食べて、親しんでいると
そりゃ好きになってしまいます、欲しくなりますよね。
温室の一番奥にオリジナル寄せ植えを作る
シャボテンバイキングなるものがあるんです。
シャボテン狩り工房 大温室  伊豆シャボテン公園.jpg
気に入ったサボテンをお箸でつまんで取ります。
って、お箸でつまんじゃうんだ。
シャボテンバイキング 伊豆シャボテン公園 大温室.jpg
小さいサボテンが行儀良く並んでるだけでも可愛いのに、
それをお箸でつまみあげちゃうのって
実際やってみると予想以上に楽しいものなんです。

気になったサボテンと鉢を選ぶと
植え替え作業はスタッフさんがやってくれるのです。
プロが配置すると、やはりそれなりに見えてきますね。
ナナコマル 虹の玉 チョベリバ 大福丸 海王星.jpg
右の羊の鉢に入ったのはナナコマルというサボテン
帰ってから一週間程度で濃いピンクの花が咲きました。
左の多肉達もすんすん伸びています。
少しづつ変化するこの植物達をながめながら
シャボテン公園を懐かしく思ったりします。

コンゴウインコ インコの広場 伊豆シャボテン公園.jpgしゃぼ丸 端午の節句 伊豆シャボテン公園大温室.jpg伊豆シャボテン公園大温室.jpg金鯱サボテンの種.jpg
シャボテン公園 動物編はコチラ

【伊豆シャボテン公園】
住所:〒413-0231 静岡県伊東市富戸1317-13
電話:0557-51-1111(代)
HP:http://izushaboten.com/
ラベル:伊豆 植物 静岡
posted by さくらん at 07:36| Comment(2) | TrackBack(0) | おでかけ記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。